過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2003年11月の禁断症状

▼禁断症状日記 10月へ  ▼後半の日記へ  ▼禁断症状日記 12月へ

14th.Nov  禁煙431日目+1

申し訳ございません。本日の禁断症状日記はお休みさせて頂きます。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

13th.Nov  禁煙430日目+1

自衛隊のイラク派遣が物議を呼んでいる。

皮肉な巡り合わせだが、イラク派遣反対を訴えて頑固に護憲を貫いていた社民党が、 総選挙で惨敗し、本日、土井党首が辞任を表明したらしい。 しかし、大規模無差別テロがあろうがなかろうが、結果は同じであっただろう。

先日、イラク南部の都市で治安維持活動をしていたイタリア武装警察がテロの攻撃を受け、 大量の死傷者をだしたことで、 そこから200km離れた都市に年内にも派遣を予定していた自衛隊の派遣時期や派遣の有無で、 なにやら騒がしくなってきた。

ここで整理しなければならないのは、派遣反対といっても大きく分けて3種類の意見があることだ。 何が何でも自衛隊を海外に派兵する事に反対な平和バカと、 派遣するなら、自衛隊の活動が制約されないような法案を策定するべきと考える者と、 危ないからという理由で思考停止した感情が豊かな人達である。

いま巷で大騒ぎしているのは、主に最後の感情が豊かな人達で、 ちっとも冷静な意見を受け付けようとしないので、手におえないばかりか腹立たしい限りである。

どこで誰が狙われるか分からないからテロというのであって 今イラクで起こっているテロ活動は、犠牲者にイラク人が多数含まれたり、 復興支援している国連職員まで犠牲になっていることから、激しく無差別テロに値する。

マスメディア側には、その卑劣なテロ行為には、まったく苦言を呈さなで、 自衛官に危険があるから反対だなどと偽善者ぶるコメンテーターが、 多い事も巷に影響しているのかもしれない。

私は日の丸を背負った自衛官に正々堂々と誇りを持って任務を遂行してもらい、 復興を待ちわびているイラク国民に勇気と希望を与えてもらいたいと思うし、 我が国の優秀な自衛官なら、きっとイラク国民の胸に残るような働きをしてくれるはずだと信じて疑わない。

万が一、テロの犠牲になり殉職するような事があろうとも、 それまでの功績に傷が付く性質のものではなく、 残されたすべての自衛官に栄誉を与える死である事を希望したい。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

12th.Nov  禁煙429日目+1

インターネットには、情報が溢れかえっている。

19,800円、激安ノートパソコンのお買得情報から、 ホモ兄貴の出張デリバディーっといった幅広い情報が錯綜している。 2ちゃんねるのキャッチコピーではないが、まさに「ハッキング」から「夜のおかず」まである。

本日、よくある懸賞ポイント系サイトから届いたメールにも、 少し首を捻って完治に時間の掛かりそうなサイトの紹介があった。 面白そうなので、実際に、行ってみた。

  ■原子力情報なび

あった。しかし、これをどう役立てればいいか、非常に悩ましい問題も同時に浮上した。 流石に、詳細な原子爆弾の製造方法は載ってないし、警備上の弱点も載っていない。

仕方がないのでサイト中を見て周ったが、これといって美味しいネタは落ちていなかったのだが、 驚愕した事が一つだけあった。 第9回「原子力の日」ポスターコンクール、大臣賞受賞作品=子供部門=を見て欲しい。8歳にして、かなりの腕前なので、 将来が楽しみである。(←大人のコメント)

ここまで引っ張って言うのもなんだが、結構、役に立つ情報であった。間違いない。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

11th.Nov  禁煙428日目+1

女子W杯バレーボール2003の闘いぶりは、なんと清々しいことか。

館内をワレンばかりの声援がこだまする中、日本代表選手がコートを駆け回り、 全身で喜びを爆発させて観客と一体になる光景は、テレビ画面を通じても十分、茶の間に伝わってきて、 思わず声も出てしまう。歓喜余って、涙もこぼれる。

それに引き換え、衆議院総選挙の闘いはどうだ、おぞましい光景にしか見えない。 議員辞職して後継者を支援し当選させた大物売国奴を英雄扱いするし、 人の批判しか出来ない元外務大臣は、無所属で当選するし、 小選挙区で落選した弱小売国党の党首は、比例で復活当選するし、 まるでワイドショーを見ているようである。

よく落選した候補者の敗戦理由に、女性票が集まらなかった事が原因とされるが、 これに田嶋女史が、黙っているのが不思議で成らない。 その法則を適応すると、土井たかこや田中真紀子が当選できたのは、 女性の支持があった事になるではないか、恥ずかしくないのか。

それに最も醜いのは、公明党の躍進である。 これは、女性の支持というより、創価学会婦人部の活躍があったのだろうか、 なんであろうとカルト教団が支持母体の党に、これだけの得票があること自体、世も末である。

「軍靴の音」ならぬ「念仏の声」が、そこら中から聞こえてきそうで、 激しく鬱な選挙結果である。間違いない。 なにわともあれ、次回の選挙から大阪の有権者は、投票に行けよと言いたいのである。 いや、寧ろ、行って下さい。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

10th.Nov  禁煙427日目+1

今年もお馴染みの調査結果が発表されました。

日本たばこ産業(JT)が、今年8月に調査した成人の喫煙率を発表したのだが、 8年連続で過去最低となる30.3%で、前年より0.6ポイント低下したらしい。 男女別では、男性が前年比0.8ポイント減の48.3%、女性は同0.4ポイント減の13.6%らしい。

同社は、喫煙率減少の原因を「今年7月の増税に伴う値上げや景気低迷などの影響」と分析しているらしいが、 口が裂けても「タバコの有害性が認知されたため」とは、云わないであろう。

これまで一方的に好きだと思い込んでいたものを好き嫌いに関係なく、 依存症患者として煙草を吸わされているのを知った喫煙者が、 煙草を止めたくなるのは、当然であり必然であろう。

それでも禁煙は、欧米の価値観を押しつけられた一種の流行のようなものだという人もいるが、 必ずしも私はそうは思わない。純粋に賢明な判断であり立派な行動だと思う。

だからといって、喫煙者を馬鹿にするつもりはない。 彼等もいわば犠牲者で、好きだから吸っているんだと自分に嘘をついているのである。 その他にも至るところに吸う理由は、捏造されて巷に溢れている。

どうしても従来の煙草を本当にJTが大威張りで嗜好品扱いしたいなら、 JTの技術を結集してでもニコチン成分を1mgとか中途半端に残さずに、 100%除去すればいいと思うがどうだろう。

おかしな煙草のような物が高価な値で売られている時代であるし、 是非、ご一考をして欲しいものである。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

07th.Nov  禁煙424日目+1

いよいよ、衆議院総選挙の投票である。

悩ましい問題にも結論を出す時がきたようである。 私が住んでいる大阪1区という選挙区の立候補者には、 自民党も民主党からも出馬していて、両手に花、状態である。

それにしても両者とも、煮ても焼いても食えそうにない、花ならぬ団子である。 流石に、自分がベストだと思う候補者は、そうそうお目にかかれないだろうから、 ベターな選択を余儀なくされる。

しかし、今回は、候補者で選ぶ気にもなれない低次元なので、 仕方なく将来の政治態勢を鑑みて、自民党候補に投票しようと決めた。 理屈としては、創価学会票頼みになりがちな自民党に、 目を覚ましてもらいたい1票なのである。

読売新聞の記事にも情けない自民党議員の実態が載っていた。無党派の有権者に人格と政策によって投票してもらう事を自ら否定しているのだろうか。 ホントに情けない。

しかし、嘆いていたら向こうの方から衿を正してくれると期待しても無駄である証明は、既にされている。 今こそ、自分に何をしてくれるかではなく、自分が何を出来るかを考えるべきではないだろうか。

 

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

 

06th.Nov  禁煙423日目+1

昨夜(11/5)のニュースステーションに憤慨している。

野球のオリンピックアジア予選が長引き番組を延長して終わり、 楽しみにしていたワールドカップ2003女子バレーボールの番組開始を待つ間、 猛烈に腹の立つ悲劇が起こった。

テレビ画面には久米宏が映り、原稿を見ながらニュースを読み上げ始めたが、 一瞬、耳を疑って「こいつ、何ゆうとんねん?」と思い始めた矢先、 事態の深刻さに気付いたのである。 こともあろうに、半笑いで裏番組であるバレーボールの結果を伝え始めたのである。

正確に原稿を憶えていないが、途中まで聞いて日本代表が負けたと意味する展開だったことは間違いない。 慌てて、チャンネルを変えて自らの読解力のなさを信じ、 バレーの試合を観戦したのだが、案の定というか何と言うか、 日本代表は負けてしまい憤りは頂点に達したのだった。

建前はあっても本音の部分では、視聴率が欲しいのがテレビ局というのもだろう。 国営放送のNHKであろうと年末の歌番組で例えれば例外ではないので理解は出来るが、 今回のような茶の間を無視して、番組内容で競わず小手先で率を稼ごうとするのは許しがたい。

余程、11月3日(月)のテレ朝の特番が、社運を賭けたにもかかわらず、 バレーボール中継が原因で低視聴率だったのだろうかと下世話な勘ぐりもしたくなるが、 それは、番組内容で負けたのだから、潔く負けを認める事が肝要ではないだろうか。

テレビといえば、今ちょっとした問題が水面下から浮上しようとしている。 TBSで普段からやっている捏造が明るみになりそうで、静かに成り行きを生温かく見守っている。

 ■ 石原東京都知事が捏造報道に抗議 読売新聞記事
 ■ #探偵ファイル 捏造事件の詳細

以前にも問題にしたと思うが、日本の報道機関は、日中記者交換協定によって、 中国にとって不利になることは絶対報道しないし、韓国や北朝鮮についてもあからさまにに批判しない。 北朝鮮でさえスキあらば擁護しようとしたり、戦後賠償の名の元に経済支援を大盤振る舞いしようとする。

朝鮮併合、強制連衡、従軍慰安婦、南京虐殺事件など、 一度として疑問を呈した報道をしたことはなく、 既定の事実として、シラ〜と報道して流す光景が毎日のようにみられる。 しかし、今回は、気を抜いたのか手を抜いたのか知らないが、 捏造と誤解されても仕方がない部分が垣間見えたのである。

TBS側の苦しい弁明では、テロップをつけるスタッフが間違えたとしたいらしいが、 ただこれにより、TBSという組織が事実かどうかをチェック出来ない体制であり、 これまで視聴者が思っていたように事実を間違いなく伝える存在ではないことが証明されたことになる。

しかし、この前提では、事実を伝えることが条件の報道番組などは、 放送すること自体が出来ない組織といえるのである。 実際、報道番組に値する番組がないのは、もはや都市伝説の域を越えたのではないだろうか。

結局のところ、TBSの報道番組は、クソって事で、TBSの報道番組のようなものを見る時は、 必ず、色眼鏡をかけて見ることをお奨めしたい。また、他局がこの件を報道しない事が、 マスメディアの危うさを露呈しているともいえる事も忘れてはならない。

余談になるが、雪印は、消費者の信頼を失い会社まで無くなってしまったが、 さて、東京放送はどうなることやら。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

05th.Nov  禁煙422日目+1

本日は、手短に書く。

近頃、イラク情勢のニュースを見る事もあると思うが、 一つ不思議でならない事がある。

どうして、一世を風靡した人間の盾は、 テロ組織からイラク市民や国連職員を守らないのだろうか。

無差別といっていいくらいの自爆テロをしているのに、 世界中で抗議デモをしたというニュースも聞いた事がない。

それとも執筆活動が忙しくて、赴く暇がないのだろうか。悩ましい限りである。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

05th  特別寄稿 禁煙草

禁煙草って、一体、なに?

「禁煙草 NosmoQ」:禁煙を補助する目的として、インターネットを始め様々なところで販売していて、 果して効果の程はどうなのだろうかと思う人も多いとは思うが、 ここでは、禁煙補助効果などという野暮なことは不問にしたい。

何故なら、良く使われいる宣伝文句に「禁煙率90%以上・・・云々」とあるが、 誰もが残りの10%になる確立がないとは云いきれないし、 禁煙の定義があやふやで何とでも言い訳ができそうだからである。

問題は、禁煙草の安全性である。 なぜ問題かというとタバコ喫煙の害や危険性については、丁寧に記述されているのだが、 当の禁煙草の安全性については、 原材料と韓国保健福祉部食品医薬品安全庁認可ですべてを片付けようとしている点だ。 怪しい理由としては、韓国厚生省の厳格な試験検査を通っているらしいが、 もしも本当なら、その検査結果を記述すべきであり、なければ疑われても仕方がないからである。

最も気に掛かるのは、杜仲茶が食品として安全な物でも、 それを紙に巻いて火をつけて煙を吸えば、安全とは限らないと想像するべきなのに、 そこの所が意図的かどうかは図りかねるが、すっぽり抜け落ちている事である。

それでも禁煙草を頼って、禁煙を成功させようと前向きな方や根っからの新しい物好きの方は、 使用すれば良いと思うし、そうでない方の使用を止めさせようとは思っていない。 所謂、老婆心である。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

04th.Nov  禁煙421日目+1

マイブームって、まだ使って良いのだろうかと不安である。

それでも誹謗を恐れずに、最近のマイブームを紹介させて頂くが、 それは、“桑原 恵(19)”である。 もっと大雑把に云うとワールドカップバレー2003女子日本代表である。

スパイクを決める桑原恵 11月3日の宿敵・韓国戦では、3連勝に大きく貢献するスパイクにブロックと大活躍を見せてくれて、 大きくて頼もしい“メグ”(通称)にテレビの前ではあるが、大きく拍手を送らせてもらった。

そんな栗原選手も初戦のアルゼンチン戦では、大舞台に緊張したのだろうか、 本来の力を存分に発揮する事ができずに、186cmの大きな体が、 若干小さく見えていたのが懐かしく思えるくらいだ。

こんなにも素直に応援出来る理由は、W杯前に同大会を盛り上げようと、 大会に向けての厳しい練習風景などを系列テレビで見た事が大きいと思う。 まんまとテレビ局側の思惑に乗ったようなのだが、 これほど気持ち良くスポーツを観戦できるのなら悪くはない。 照れくさいが、寧ろ、感謝をしても良いくらいである。

この日、第2セットからベンチに下がった同じ19歳の大山選手が、 試合後に勝った喜びとは違う涙を流していたのが印象的だったが、 同時に、このチームの強さを垣間見た瞬間だったかもしれない。

今後は、この大会3位以内で、来年のアテネオリンピック出場権を得る事ができることから、 強豪国が控えている残り8試合は、益々、激戦が予想されるが、 もしかしたらと思わせるスケベ心をくすぐったのは、どうやら間違いないようである。

ちなみに、ワールドカップラグビーは、11月22日まで激戦を繰り広げていますので、 こちらも生温かく見守って下さい。

ニコレット数:在庫無し・補充する気無し     ┃━┏┃y━・~~

▼禁断症状日記 10月へ  ▼後半の日記へ  ▼禁断症状日記 12月へ  ▲TOPへ