過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2006年5月の禁断症状

▼禁断症状日記 4月へ  ▼後半の日記へ

15.May  禁煙1344日目+1

ここにきて、スポーツ界が大盛り上がり。

本日、W杯サッカー日本代表のメンバー23人が発表され、いよいよ本番前の緊張感が伝わってきた。 実際にテレビ観戦する日は、日本中がそわそわするような・・・ たぶん世界中で、サッカーファンがそわそわするんでしょうね。 ●2006FIFAワールドカップTM ドイツ大会 登録メンバー

ラグビー日本代表のウィング大畑選手は、昨日のグルジア戦で国際Aマッチ65トライという世界記録。 スポーツ界が盛り上がっている今、スポーツ新聞の一面を飾るには今日しかないと意気込んで、 見事に3トライしてスポーツニッポンの一面をゲットした。

大相撲夏場所も横綱朝青龍の欠場で本命不在、終盤まで大混戦の様相を呈しており、こちらも面白そう。 それにフィギアスケート・ジャパンオープンという団体戦で、安藤、浅田の女子選手が頑張り日本が優勝したとか。

プロ野球も交流戦真っ只中で話題は尽きないはずなのに、客寄せの清原選手はケガで欠場したりと精彩を欠き、 テレビ視聴率は、見るも無残な生きる屍状態。そういえば最近、プロ野球中継を見ていない自分がいる。

スポーツ観戦大好きなんだけど、なかなかプレイしようとしない自分もいる。 プロ野球じゃないけど、衰退が怖い。

12.May  禁煙1341日目+1

いよいよタバコの値上げが近づいた。

2003年以来となるタバコの値上げ。今年の7月より、タバコ税が1本あたり約1円増税の値上がりして、 JTの売れ筋であるマイルドセブン系は、1箱30円値上げになる300円で販売するらしい。 ●7月からたばこ値上げ、マイルドセブン300円に

私が禁煙して早3年と8ヶ月が過ぎた。禁煙マラソンカウンターによると、浮いた煙草代は44万円を超え、 その内の26万円強が税金である。ご多分に漏れず、現金では残っていない。 だが、小銭が減らない現実を体感できた事だけは確かだ。

前出のカウンターによると、吸わなかった煙草、約33550本。 一服するのに3分間費やすとして計算すると、時間にして約1680時間。日数にすると約70日分が浮いた事になる。 こちらの方がお金に換算すると、煙草代より大きいような気がする。

こんな計算は、喫煙時代に考えもしなかった。今から思うと、そんな現実を避けていたのかもしれない。 1本1円、1箱30円。こうして細かく区切って計算する方法は、いかがわしいセールスマンの常套句。 それを自分自身で説得するのだから、疑う余地もなかったのだろう。

禁煙は、まず現状に疑問持つことから始まる。 まずは、吸わなければならない理由を疑ってみるのもいいかもしれない。

10.May  禁煙1339日目+1

まだまだエアコンは稼動したくないのに、嗚呼。

もちろん電気代の節約にもなるのですが、本格的な暑い季節に向かって身体を慣らせるのが目的なのです。 自然な気候の移り変わりと共に、しっかり汗をかく機能を調整しておくというわけです。

蒸し風呂にならないよう窓を開けたりしながら、室温を微調整したいところなのですが、 今日のように雨が降ると、仕方なくエアコンのお世話になってしまいます。 あまりに快適なので、退化してもいいかと投げやりになります。

それと強敵が、一匹います。昨夜、今年初のご対面をしたのですが、たっぷりと私の血を吸っていました。 約30メートルの高さもなんのそので、部屋の明かりを目指して招かざる蚊が飛来します。

エレベータに乗って上がってくるとの説もあり、真相は定かではないのですが、 どちらにしても数ある部屋の中から、私のところにお邪魔するのは止めて欲しいものです。 去年モノの殺虫剤をジェット噴射されたくなかったら、来ない方が身のためだ。

蚊の鳴くような声という喩えがありますが、本当にただ鳴くだけだったら許してもいい。

9.May  禁煙1338日目+1

大阪らしいニュースで片付けるのは勿体無い。

約30年間にわたって、大阪市の同和対策事業を食い物にしていた、財団法人「飛鳥会」理事長の小西邦彦容疑者(72)が、 数億円にのぼる着服金があるとして、業務上横領容疑で逮捕されたらしい。 同時に、経理管理をしていた三菱東京UFJ銀行淡路支店の行員も同幇助で逮捕されたらしい。 ●財団法人理事長らを逮捕 大阪市委託事業の収益着服容疑

大阪に長年住んでいると、人権とか差別を謳い文句にして、逆に部落民が優遇されている現実を知る事になる。 これを影では逆差別と呼んでいるが、一般市民は心中穏やかじゃない。 しかし、逮捕された理事長の肩書きにあるように、バックに暴力団が絡んでいるので、 面と向かって非難するには至らないだけだ。

大阪市と同和行政と言えば、もう一つ芦原病院融資問題がある。 こちらは、融資されたのが銀行の金ではなく税金だから、より性質が悪い。 差別をなくそうと声高に叫んでいる団体が、率先して一般市民から白い目で見られる行為をしているんだから、 ニワトリと卵とまでは言わないが、浅ましい限りだ。

そんな卑劣極まりない団体である部落解放同盟から、熱烈な支持を受ける民主党ってどうなのかという話しだ。 まさか一般市民でも知っている現状を知らぬ存ぜぬで通すつもりだろうか、 大阪市議会においては、芦原病院問題の百条委員会を拒否した共産党以外は、すべて共犯といっていい。

差別をなくそうと叫んでいる人達は、実は差別がないと商売にならんのが現実。それを教育現場にまで持ち込んで、 差別商売の宣伝に一役買っているのが日教組という、これも民主党支持団体。公明党と組めば最強タッグ間違いなし。

8.May  禁煙1337日目+1

大阪は、本格的に暑くなってまいりました。

銀行のATM付近を冷やすエアコンが、長い待ち時間と反比例して、快適と感じるほどでした。 連休明け、混んでいると予想はしていましたが、振り込み手数料630円を浮かせる大仕事を敢行すべく、 意を決して赴いたのであります。

この連休、人と会う機会と比例して、少々お酒の量も増えたので、今夜は休肝日としようと思います。 昨日の夕方までなら、ギリギリセーフだったかもしれないけど、 最後に一押ししたのは、録画していたボクシング亀田兄弟の試合。

試合内容は、あえて触れる必要もないと思います。 それにしてもTBS必死だな!なんなんだ、あのゲスト陣。随分と大盤振る舞いするのは、 スポンサーがパチンコメーカーだからだろうか、時間的にサラ金のCMを流せない枠だったから、 あれでもマシだったのかもしれない。

もし可能なら、「この後すぐ」のテロップを苦々しく思いながら、パチンコとサラ金のCMを拝む事になる。 逆に広告主側からだと、亀田兄弟の試合を楽しみしているような奴らは、どうせパチンコ好きでサラ金の世話になるような、 そんな下流社会で暮らすお得意様という位置付けなのだろう。

この連休に海外旅行の計画すら立てられない、下流社会で生きる私が言うのもあれなんだが。orz

1.May  禁煙1330日目+1

のんびりですが汗ばむほど暑い大阪。

連休の谷間で銀行のATMもスムーズに流れて、暑さも少しは和らぎましたが、 大阪市役所関連のニュースを見つけて、熱くならないのも珍しいので紹介しよう。 ●大阪市の交際費95%節減…支出先全面公開などが効果

大阪市から払われる交際費名目のお金を頂くと、すべて名前が公表されるために辞退されたらしい。 いわゆる良心の呵責だろうか、それともズブズブの関係がばれると具合が悪いからだろうか、 どちらにしても交際費が浮いたのは、大阪市グッドジョブ。

この支出は、市役所の役人に対しては一銭も入らないので、政策として理解が得られやすいだろう。 それにしても、これを企画した役人には、幾ばくか報奨金を払ってもいいくらいだ。 大いに税金の無駄使いをなくす快感を養って欲しい。

さして能力もない地方の公務員が、苦もなく大企業の社員並の報酬を得るものだから、 すっかり堕落してしまって、自浄能力を疑う声さえ出ている今、 今後も逃げ回ることで解決しようとするなら、まったく世間に尊敬されないばかりか、軽蔑される対象になるだろう。

大阪市の借金は、市民一人当たり200万円になる。サラ金の多重債務者並の借金を平気で背負わせている行政は、 現段階で尊敬には値しない。その自覚がないから笑えない。

▼禁断症状日記 4月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ