過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2006年6月の禁断症状

▼禁断症状日記 5月へ  ▼後半の日記へ

15.Jun  禁煙1375日目+1

やっと本格的な梅雨を感じる大阪地方。

高知の土佐では、1ヶ月の降水量が1日で降り注いだというから、悠長な話しでもない。 それ以前から、沖縄でも水害が猛威を振るっている映像があったし、いくら自然でも遠慮がない。

遠慮がないと言えば、自殺対策基本法が成立した。 国を挙げてお節介をして、自殺に歯止めを掛けようとするらしいが、 そのハードはおろかソフトも確立されていないので、このニュースを聞いて自殺する人もいそうだ。 ●自殺対策基本法が成立

拙い提案で恐縮だが、まず自殺関連のニュースを流さない。まるで日本社会から自殺者がいなくなったように、 自殺願望者に錯覚をさせて、自分が特殊な考え方の持ち主だと自覚させる。 インターネットの世界は規制のし様がないけど、目の前に書いてある事の信憑性も薄いので、 いざとなると疑心暗鬼になる事だろう。

あまりにも自殺がポピュラーな出来事として扱われるので、世間の感覚が麻痺してはいないだろうか。 多くの人が赤の他人の自殺情報を共有する必要があるのか、もしも他者に原因がある自殺なら、 殺人事件として扱えばいいだろう。

セクハラの論理を応用すれば、借金苦で死んだとしたら、貸し付けた業者が被告になり、 殺人罪で訴える事はできないだろうか。梅雨なので、ジメジメした話題に触れてみた。

14.Jun  禁煙1374日目+1

普段は地味な日銀総裁が脚光を浴びている。

まだ日銀の総裁になる以前、あの村上ファンドに1000万円出資して、 総裁になった以後も友人関係を理由に、ファンドから配当を受け取り続けたらしい。 そりゃ問題だわな。 ●日銀総裁、村上ファンドへ1千万円 就任後も拠出

福井総裁は、大した額じゃないと開き直り、政府・与党も責任の追及をしないとしたから、 問題が拗れてきている。サッと不適切だと認めて謝れば、問題も沈静化に向かって、 市場に与える影響も最小限に食い止められただろう。

今日6月14日の東京株式市場は、かろうじて日経平均90円高で引けたが、 昨日の市場の反応は厳しかった。金融政策の最高責任者ともあろう方が、 自身の個人的な理由で相場を混乱させるなんて、あってはならないし責任は重大だろう。

ただ問題を追及するのは野党議員として当然だろうが、 二言目には、小泉首相の任命責任だと言い触らすから、こちらとしても腰砕けになる。 現在の無責任な姿勢を批判するなら理解もできるが、政治ごっこのリップサービスで、 日本株や円が売られるなら、そちらの方の責任は取れるのだろうか。

マスコミ様も、なんでも対決させりゃいいと思っていないだろうか、 救われたのは冷静な市場プレイヤーの反応、シンドラーエレベータ状態にならなくて良かった。

13.Jun  禁煙1373日目+1

あらら、私の個人情報が洩れたみたい。

KDDIが運営するインターネット接続プロバイダ「DION」の顧客情報399万人分が流出したらしい。 2003年12月18日までにDIONに申し込んだ人の氏名、住所、電話番号、 中には、性別や生年月日、メールアドレスも洩れているという。 ●KDDIが緊急会見、「DION」の顧客情報399万件が流出

記事によると、同様の漏洩問題があったヤフーBBを引き合いに出して、 個人補償の有無を問うたが、今の所、補償は考えてないと小野寺社長は応えたという。 身内の失態なのに、なんという強気なコメントだろうか、これは荒れる。

個人情報保護法は施行以来、、一般の個人なんて眼中にない運用なので、こんなコメントをしたくなるのだろう。 公務員と権力者の保護、あとサヨク活動家のおもちゃと化した現状は、誠に嘆かわしい。

まあ、住所や氏名が知られたからといって、特段に困るとか窮する事もないので、 せいぜいダイレクトメールやテレアポなりをしてくればいい。 私と一緒に時間と資源を無駄にしようじゃないか。

どこからも相手にされないというのも、それもいかがなものかと思う。

12.Jun  禁煙1372日目+1

なにがなんでも映画を観てきました。

本来、昨日の昼に観る予定だったのですが、「明日の記憶」あまりの行列に尻込みをしてしまい、 今週でロードショーが終わるというのに、往生際の悪い事をしてしまいました。

昨日は、見事なほどアダルトな方々が行列をなして、 作品の題材でもあるアルツハイマー病が、とても身近に感じられると共に、 大きな問題でもあると認識させられました。

それにしても本日のラストの上映、昨日の行列が嘘のように空いていました。 普段では若者が目立つ街なので、あの昨日の光景は、異様に映り目に焼きついてます。 まだまだアダルトも日本映画も元気です。

今夜は、W杯サーカー日本代表の試合もあるし、その辺も多少の影響しているかもしれません。 少なくとも私には影響を与えています。日本のゴールと勝利の美酒用に、 お気に入りの「キリン一番搾り無濾過」をいつもより多めに冷やしています。

抜群に湿っぽい映画もいいですけど、スカッと爽やかな好ゲームも楽しみです。

8.Jun  禁煙1368日目+1

梅雨が近づいて、相場の世界も湿りがちなようだ。

世界同時株安の局面で、苦々しい思いをしている方も多いだろう。 エマージング株なんて、まったく笑えません。 せっかくライブドアショックから立ち直った感があった日本の証券市場も、世界の流れには太刀打ちできない。

午後の為替相場、ドル円で114円を舐めた。これは、日本からの外資の流出だろうか。 村上ファンドの煽りを食らって、証券法の規制が厳しくなったし、 米国の利上げが確定的な状況を見越しての資金の移動もありそうだ。

なにしろ3週間ほどで、109円から114円。 今日は、イラクでアルカイダのザルカウィ幹部が死亡したとのニュースがあったが、 (イラク駐留自衛隊員の皆様、ご苦労様です) それさえもドル買いの理由にするんだから、天邪鬼な私は、ドル売りで勝負したくなる。 ●アルカイダ機構のザルカウィ幹部死亡 イラク首相発表

日本のゼロに等しい金利に嫌気が差して、今度のボーナスは外貨貯金。 なんて考えている人も多い昨今、米ドルが5円変動すると簡単に金利分くらいの値動きになる。 マイナー通貨だと、金利はつくけど元本目減りなってのも日常茶飯事。

さらに暴利な為替レートにより、元本が目減り。っとならないよう気をつけましょう。 終始、湿っぽい話しでした。

7.Jun  禁煙1367日目+1

夏場の外出は、とても憂鬱だという話し。

そんなの当たり前田のクラッカー・・・・(現物はよく知らない)。いや、暑さという直接的な理由ではない。 暑いから故に起こってしまう薄着の問題だ。それも靴下というマイナーなアイテムだから辛気臭い。

男性の場合、夏になると薄手の靴下を履くのは、全国的に共通の衣替えだと思う。 足元が温かくて嬉しいのは冬場だけ、特に大阪の夏は、その辺の妥協を許すほど甘くはないのだ。 だが、そこで困った事が起こる。

とても歩きにくいのだ。なぜなら私の右足は、左足と比べると若干小さい。 恐らく5mmも違わないだろうけど、明らかに小さいのだ。 実際には、ズボンの裾が簡単に入り込むスペースが空き、歩くたびにズボンを挟みながら踵から靴が脱げそうになる。

あまりに描写がしょぼいので、難儀さが伝わったかどうか微妙ですが、颯爽と歩くには致命傷といっていい。 歩き方もぎこちなくなるので、この時期によく膝が悪くなったりもする。 紐で縛る様な靴だと問題はない。だけど、スラックスに運動靴を履く勇気がない。

一歩間違えは、学校の先生風になるし、二歩間違えば、コントの衣装になてしまう、嗚呼。

6.Jun  禁煙1366日目+1

今日も大阪は、いい天気が続いています。

こうなると出しにくくなるのが「入梅宣言」。毎年のように、宣言すれば晴れるのだから、 気にしなくてもいいと気象庁の中の人に言ってあげたいくらいだ。そこそこ当たればいいと思う。

私の天気予想だと、今週末が入梅前の最後の行楽日和になりそうだ。 各地の行楽地には、大勢の人で賑わうことだろう。行楽と言えば、遊園地が人気だった時代もあった。 新種の絶叫マシンが持て囃された時代もあった。

何を隠そう・・・、ホラー映画と絶叫マシンは大の苦手です。 罰ゲームで仕方なければ、絶叫マシンなら乗れなくはないけど、 ホラー映画は、宣伝だけでも勘弁して欲しいくらい想像力が豊か過ぎるので、 本編なんて罰ゲームを超えて拷問です。思い出すだけでも怖い。なのでホラーの話しは、お終い。

長々と書いてきたけど、紹介したいスリル満点の乗り物がある。 それは、「シンドラーエレベータ」。不規則に、ボタンとは違う動きをするエレベータ。 最近、このエレベータの誤作動で死人が出たところ。 ●事故と同じ製造元のエレベーター、東工大でも不具合多発

今時、こんな粗悪なエレベータが日本に存在するなんて・・・、希少価値は、あればいいってもんじゃない。

5.Jun  禁煙1365日目+1

今日のテレビ局は、話題が多くて楽しそう。

村上ファンドの親分が週末に特捜の事情聴取を受け、昼前には記者会見を開いて、 夕方にはインサイダー取引容疑で逮捕。もう一つは、秋田の小1殺害で、近所に住む容疑者も逮捕。 いわゆる逮捕祭りだ。

村上氏逮捕は、それなりに社会的影響がある。4000億円ともみられる巨大ファンドが、当面の金の行き場を失う。 投資マネーは動かないと大して増えないから、どこに流れるか非常に興味深いし、 また新しいゲームの始まりだろう。

投資のプロ村上さんともあろうお方が、まさかインサイダー取引で御用になるとは夢にも思わなかったが、 それをあっさり認める所が、やっぱりエリートって思わせる。 さて、肝心のインサイダー取引で誰が損をしたかが大問題。その因果関係を構築できれば、 莫大な損害賠償請求をできる。

っと大きな話の後で、なんとも湿っぽい秋田の逮捕劇。マスコミ様は、取り溜めた取材テープが山ほどあるだろうから、 今日、明日のワイドショーは盛りだくさん。ただ内容は、それがどうしたのという程度。 逮捕前のインタビューや素行を流すだけだろう。

それでも大問題の大事件のように報道するのが、報道のプロ。乞うご期待。

1.Jun  禁煙1361日目+1

あれほどバレバレな盗作には、ビックリ。

先日、05年度の芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)を受賞した洋画家の和田義彦さん、 弱い者イジメが大好きなマスコミ様に、大好物のエサを与えてしまった格好だ。 ●和田氏の盗作疑惑、スギ氏「完全に私の作品だ」

それなりの腕があるからこそ、あの絵が物真似だと知らなければ、それ相応の芸術作品には見える。 後から作者が訴えなければ、今や大はしゃぎのマスコミ様も騙され続けていた事だろう。 だから傍から見ていると、盗作をした作者と同じくらいにみっともない。

しかし、それが文部科学大臣賞という立派な賞を与えてしまった側の人達となると話が違う。 当然、その筋の専門家だろうし、是非とも選考理由を聞いてみたいが、 そう簡単には取材に応じてくれないだろう。たぶん知らなかったんだろうし、 逆に知りながらだと尚悪い。

っとダメ元で文化庁のサイトを確認したところ、「平成17年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由」なるものを発見。 流石というか、威風堂々と和田画伯への贈賞理由が未だに掲載されているから、悪気はなかったと理解したい。 ただ、選考委員という役職が相応しくなかっただけだ。

いや、そうすると下段の「放送/爆笑問題」も辻褄が合う。偉い人にも間違いがあるという事だ。

▼禁断症状日記 5月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ