過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2006年9月の禁断症状

▼禁断症状日記 8月へ  ▼後半の日記へ

15.Sep.  禁煙1467日目+1

日常茶飯事、今夜もどこかで飲酒運転。

お酒を飲んでストレス発散する前に、親身になって飲酒運転を引き止めてくれる友人を作りましょう。 っと毎晩ニュースを見るたびに思っていたのですが、友達がいてもどうしょうもないのが、いわゆる病気。 ●植草教授、今度は痴漢容疑で現行犯逮捕 「覚えない」

病気といっても、悪いと知りながら以前に似た様な事をして、また性懲りもなく繰り返すアレです。 覗きの次は、痴漢だそうです。 成績優秀で高収入、それに社会的地位が高い大学の教授となると、病気としてしか片付けようがない。

以前、手鏡でスカートの中を覗き見したとして、一躍ミラーマンの愛称で有名になった植草教授。 裁判闘争では、事実無根だとしていましたが、なんだか今となっては、虚しく響くフレーズになりました。

それにしても、なんで? 良いか悪いかは別にして、それなりの金額を払えば、あらゆる性的趣向を満たしてくれる世の中なのに、 わざわざリスクを冒してまで、リアルの社会で実践するなんて、計算間違いも甚だしい。

それでも病気として切って捨てるのは惜しい。とりあえず「アメリカの陰謀説」でどうだろうか。

14.Sep.  禁煙1466日目+1

みなさん、mixi(ミクシィ)をご存知だろうか。

会員数500万人のソーシャルネットワーク、そんなサイトを運営する会社が東証マザーズに上場。 初日の今日は、買い手が殺到して初値がつかず、最終気配は315万円で売り出し価格の2倍を超えるらしい。 ●ミクシィ売買成立せず――新規上場、最終気配315万円

「面倒くさい」という社会性のなさが災いして、私には煩わしいだけのサイトに映ったのだが、 ニュース報道を散見すると今でも盛況らしく、そんな凄いサイトだったのかと「へぇ〜」ボタンを連打したくなる。

なにを隠そう、私のページは2,3日品定めした後の放置期間が長かったようで、今ではもう跡形もない。 運良く紹介してくれた人は、見ず知らずの人だし、いわゆる世間体は気にしなくてすんだので、 なんの不自由もなく足を洗う事が出来た。

気になる株価の行方は、この先も上がり続けるとは限らないので、何とも言いようがない。 東証が未だに引きずるライブドアショック、投資家の喉もとを過ぎるには、こんな打ち上げ花火じゃ役者が不足。

花火だけに大ヤケドをしないよう、ご利用は計画的に。

13.Sep.  禁煙1465日目+1

大阪の週間天気予報、晴れマークがない。

やしきたかじんの「雨の日はバラードで」が持ち歌の私は、センチメンタルな気分になりがちな雨。 「雨の御堂筋」沿いにある美容室で、気持ちよくカットをしに行ったのはいいが、洗髪担当が男の子で、 のっけから激しく鬱。

どうして美容系の仕事する男子って、微妙にオネエ言葉になるんだろうか。 周りに女性が多い職場だと、自然に口調がうつってしまうのだろうか。 だとしても、男性客には配慮してくれと言いたい。

いくら客商売だからって、二十歳そこそこの男の子が満面の笑みを浮かべて「こちらへどうぞ」と言われると、 40を超えたオッサンは、どうも素直に反応できないばかりか、警戒心と共に背筋に寒いものが走る。

しかも、その筋の人か敏感な人にしか分からない程度の微妙なオネエ言葉は、逆に難儀する。 まだ正真正銘のあっち系なら、友達感覚で冗談も言いやすいし、いざ怪しくなっても冗談で済むだろうから、 妙に安心感がある。

まあ男性差別も甚だしいんですが、月に一度の楽しみを奪われた鬱憤、こちらで晴らさせて頂きました。

12.Sep.  禁煙1464日目+1

飲酒運転撲滅キャンペーンが始まったようだ。

各都道府県警の全国一斉「飲酒運転取り締まり強化週間」が始まり、飲酒運転の取締りが強化。 そんなニュースな話題を知らないのか、昨夜の検問で逮捕される酔っ払いもいたようです。

マスコミ様のことだら、どこまで継続するか定かじゃないが、他に面白そうな話題が出るまでは続きそう。 たぶん一番最初に喉元を過ぎるのがマスコミ様だというのは、多くの方がツッコミどころにしていると思う。

少し前に、炎上する三菱の自動車を連日伝えていましたが、今では故障すらないかのごとく知らんふり。 絶叫マシーンのシンドラーエレベーターは、まだ記憶に新しいけれど、今日も故障している方に全財産賭けてもいい。

なにもニュースが一過性なのは今に始まった事じゃないので、継続を期待するほうが野暮なんだけど、 靖国や歴史問題の思想的な部分は、執拗なほど粘着質なのが際立つから、憤りと共に哀愁を誘う。

最近の流行は、無節操な女性天皇容認論の啓蒙だろう。アンケートの設問を工夫し過ぎで笑える。

11.Sep.  禁煙1463日目+1

好き嫌いが年齢と共に変わる。

昨夜、大奮発して霜降りステーキ肉を頂いたのですが、美味しいと思えたのは最初の150g。 2人で600gを平らげた後には、満足感や満腹感と共に、疲労感に似た辛さもありました。

不思議な事に、あの甘い脂のニオイが、旨味から厭味に化学変化するんです。 普段から食べなれていないので、胃もビックリしているのでしょうか、 美味しいはずのステーキが、納豆と同格の無理して食べなくてはならないモノに成り下がりガッカリです。

そういえば幼い頃、いわゆる緑黄色野菜が苦手でした。味が濃いので、最終的には苦味や辛味しか記憶できずに、 野菜イコール不味い物とインプットされていて、それが成人になるまで続いていたのですが、 いつしか体に良い物という優先順位を重要視するようになって、先入観は拭われました。

それでも未だに納豆だけは、食わず嫌いを貫いています。苦味や辛味は克服でいても臭味は辛い。 かといって、最近いつ臭いを嗅いだか記憶にないほど、まるで存在自体がないかのような距離の置き方ですので、 苦痛を味わう事もないです。

なるほど私とタバコの関係は、ちょうど霜降り300gステーキを完食した後に似ています。 そして、緑黄色野菜のように健康に目覚め、相変わらず納豆は食わず嫌い。

9.Sep.  禁煙1461日目+1

本日9月9日は、私の禁煙記念日です。

2002年からですから、丸々4年の禁煙生活です。今日から新たに5年目がスタートしますが、 今となっては「禁煙」が基準になりましたので、昨日までと何かが変わることもないです。

なんとなく始めて「何とかなるやろ!」という確証のない自信が、禁煙初期の不安を払拭していき、 1ヶ月もすれば「何とかなるもんだ」と妙に納得していましたから、どちらかというと苦痛とは無縁でした。

もっと辛いはずだとMっ気を前面に押し出したのが、功を奏したのかもしれません。 経験上、酷い二日酔いやインフルエンザの苦しさを想像していたので、 ガムの噛み過ぎで顎がダルくなるくらいは、想定の範囲内。

一番の苦労は、そんな禁煙生活ですから、この日記を書くネタに困った事。 ネタのためなら一回くらい挫折したほうが・・・なんていう悪魔の囁きがあったくらいです。 根っからの筆不精でしたので、禁煙よりも日記が続いている事のほうが、驚きです。

だって禁煙って言ったって、タバコを吸わないだけでいいんですから、 ある程度経過すると何の煩わしさもないわけで、恐らく「要日記」なら1ヶ月も持たなかったでしょう。

7.Sep.  禁煙1459日目+1

ジャーナリスト鳥越俊太郎、大ピンチです。

個人的には、鳥越さんのことを不屈のジャーナリストだなんて認識していないけど、 それでも誤りを認めるくらいの素養はあるんじゃないかと、漠然とイメージしていました。でも・・・・ ●鳥越編集長釈明に 名物記者が「かみつく」

普段コメンテーターとして、テレビで言っている事とやってる事が、正反対だから開いた口がふさがらない。 2ちゃんねらーを蔑んだところで、どこかの怖い団体みたいに糾弾されることはないだろうから、 強者には弱い鳥越さんらしい発言だし言い訳だと思います。

早くも胡散臭いメディアの代名詞になりつつある「オーマイニュース」の編集長が鳥越さん。 大月隆寛さんには、「見世物」(=【コラム・断】“オーマイ”ゴッド )と揶揄されている。 プロ市民の巣窟だから、珍獣の人気みたいなものなのか。

まあ、「ゴミだめ」と吐き捨てられた当の2ちゃんねらーには、 「ゴミをためているだけマシ」と切り返す猛者もいるので、 お上品なジャーナリストさんには、いかんせん分が悪いだろう。

焦点が曖昧なネット批判なんて野暮な事するから、墓穴を掘る羽目になる。 その上、適当な言い訳をするから馬鹿にもされる。信用は、初めからされてない。

6.Sep.  禁煙1458日目+1

大阪は荒れ模様の天候ですが、祭囃子のようです。

朝から慶事の報せで、日本中が安堵。2分の1の大勝負で、見事に逆転勝利した爽快感がある。 そんなトップニュースの陰に隠れて、吐き気がするほどの嫌悪感を抱くニュースが配信されている。 ●消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺

経団連に加盟し東証一部上場している企業とは信じられないほど、反社会的な契約内容であり債権回収方法です。 これでも大切な庶民の金融会社として、社会的に認め守っていくのは、相当な覚悟が必要だと釘を刺しておく。

この記事が事実なら、大スキャンダルになって反消費者金融キャンペーンが起こって当然ではないか。 債務者に無断で生命保険の受取人になるなんて、毟り取るだけ巻き上げた挙句に、 死んで返済をしろといわんばかり。

それに自殺を契約上無効にしなかった生命保険会社も共犯といっていいのではないだろうか。 高利貸しの人殺しを黙認しながら、そこから利益を得ていたという腐りきった企業名も晒して欲しいくらいだ。

ここは、ジャーナリスト宣言をしたマスコミ様もあるので、大いに期待をしたいと思います。

5.Sep.  禁煙1457日目+1

せめてサラ金と呼べないのだろうか。

ほんの一時期、社会問題化していた消費者金融の高金利ついて、自民党から一定の方向性が示された。 利息制限法と出資法の間にあった、いわゆる金利のグレーゾーンを撤廃するというものだが、開けてビックリだ。 ●自民党合同会議、貸金業法改正を本格討議

まあ細かい事は抜きにして、利息制限法の20%に近づけるかと思いきや、9年間は28%でOKというお墨付き。 早い話、グレーがホワイトになり、合法的に高金利で商売を継続できる。なんと高利貸しに優しい政策だろうか。

そんな庶民を愚弄する政策が決定されようかという大事な記事なのに、日本の主要4紙は見事にスルーしている。 朝日コムにリンクを貼ったが、その記事はロイターから転載しているにすぎず、他紙は、それすらない。

「出資法金利を下げてグレーゾーン金利ををなくすと、みなさんヤミ金にはしるのではないか」 っと高金利を正当化したのは、自民党の金子一義議員。なにか弱みがあるんでしょう。 お言葉だが、ヤミ金はテレビCMなんてしないし、街中に無人契約機を設置していない。 走れるモンなら走ってみろと言いたい。

一般的にはヤクザと同義語のヤミ金に、そう簡単に走れません。百歩譲って そこまで言うなら、、消費者金融はヤミ金と同じですよと大々的に啓蒙したらどうなんだ、金子議員。

4.Sep.  禁煙1456日目+1

またまたホリエモン一色なのはいいが。

山口県の徳山工業高等専門学校で起きた女子学生殺害事件の犯人は、指名手配されたものの未だに発見されていない。 当初は、逃走用のバイクが紹介され、今になって当時の服装などが公開されている。 ●高専の女子学生殺害、19歳男子学生を指名手配

が、肝心の犯人の顔写真や氏名は、未成年者という事で警察や大マスコミ様は広く周知しようとしない。 殺人犯が逃亡していていて、しかも犯行を後悔しての自殺が十分に考えられる事態でありながら、 少年法を厳格に守り未成年者保護の精神を貫いている。

まったく両者とも無能の謗りを免れない。日頃から隠蔽体質にどっぷり浸かっているから、 妙に慣れているところが鼻持ちならないというか、能力以上に特権階級意識が丸出しで痛々しいくらいだ。

指名手配された容疑者にも親がいるはずで、今回の措置をどう思っているのか聞くメディアはいないのだろうか。 我が子が犯罪者になった事も残念だろうが、その子が自殺をするかもしれないのを放っておけるはずがない。

少年法によって守られた人権。しかし、人権は命よりも重いのかが問われている。いや、問われ続けている。

▼禁断症状日記 8月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ