過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年1月の禁断症状

▼禁断症状日記 12月へ  ▼後半の日記へ

15.Jan.  禁煙1590日目+1

ホームレスなのに、ホームがある不思議。

大阪ではホームレスのテントの強制撤去が、よく話題になる。 多くの市民は、公園を占拠するホームレス連中を苦々しく思っているので、 必死にホームレスを擁護する支援者にも冷ややかになる。 ●大阪市がホームレスにテントなど撤去命令

そんなにホームレスが可哀相なら、自分達の家で寝泊りさせてやれ!っと言いたくなるが、 彼らは、ホームレスに対する慈愛より、行政に対する反対運動が原動力となっているので、 そんな非難には一貫して聞こえないフリをする。

一般市民の側から見ていて何が問題かというと、ある程度の社会の落伍者が出るのは仕方がないが、 彼らの自由気ままをまるで権利であるかのようにそそのかし、結果的に一般社会への復帰を遠ざけている事。

そして、その彼らに対する行政のやり方を一方的に批判したり抵抗運動をしたりと、 組織の存在意義のために、彼らを利用している構図が透けて見える事が、なにより不健全。 ウンコの周りのハエ以下。

まるで大阪市の役人が善人に見えるから、まったく困ったものだ。いや、そう見えるための自作自演かも・・・

11.Jan.  禁煙1586日目+1

K-1をプロレスにしたTBS。

まずは動画です。●桜庭vs秋山 桜庭字幕入り 改訂版(TBS放送分は、ここまでクリアに聞こえません) TBSが格闘技を放送すると問題が起こるという法則が、格闘技ファンの間で噂されて久しいが、 今度は、組織ぐるみと疑われる反則行為が明るみなり、記者会見で謝罪と処分を発表したらしい。 ●秋山は反則行為で失格、秋山vs桜庭はノーコンテストに=Dynamite!

K-1といえば、昨今の格闘技ブームの火付け役で、若くして亡くなったアンディ・フグ選手など、 多くのスター選手を排出した事でも有名だが、フジテレビ系列から暖簾分けの格好で、 TBSが大晦日などのイベントをした頃から、どうも見世物の色合いが濃くなった。

その際たるものが、曙 vs ボブ・サップ戦。あの紅白歌合戦を超える視聴率だった事から、 番組の路線として定着したと考えられ、格闘技ファン以外の人から支持を得たまではいいが、 安易にヒーローやストーリーやらを生み出すので、当然のことながら試合の質は落ちる。

噛ませ犬の氾濫などでマッチメイクの質が落ちただけなら、今後の反省に繋がるだろうが、 組織を挙げて八百長まがいが横行するとなると、 今回の謝罪会見のように、反省するポイントが大きく外れるから見苦しい。

亀田選手や秋山選手のように、実力が伴っていないのにチャンピョンとして祭り上げるのが、 TBSクオリティー。その程度の余興なのだと割り切るほうが賢明かも。

10.Jan.  禁煙1585日目+1

今日の大阪は、恒例の十日えびすの日。

今宮戎神社から一駅の所に住んでいますので、福笹や熊手をもった参拝帰りの人もちらほら。 いい年になって欲しいものですが、一見するとえびす顔の自民党・山崎議員が訪朝するとかで騒いでいます。●官房長官、山崎氏訪朝に不快感

どんな成果があるにせよないにせよ、あのエロ拓こと山崎拓氏が、悦び組みの接待を受けないはずはない。 週刊誌にプライベートな変態プレイを暴露され、北朝鮮工作員も周知の事実、飛んで火にいる何とかです。

北朝鮮のホテルは、当然のように盗聴器が設置され、プライベートな空間など皆無に等しく、 色仕掛けに屈する様は、北朝鮮関係者にとって格好の余興になるだろう。同時に、強請のネタにもなるし、 正月早々、仕事にも熱が入る。

今や加藤紘一氏と並んで、自民党窓際族のツートップ。いくら吼えようが、政府から相手にされなかったが、 訪朝となれば話が違う。下世話な私とは違って、聖水旅行だと笑っていられない。

せっかくの欧州訪問に、黄金水ではなく冷水を掛けられた安倍首相、もう帰ってくるなと言ったとか・・・・(嘘

9.Jan.  禁煙1584日目+1

大変、遅くなりましたが、あけおめです。

あっという間に、正月休暇も終わり、資本主義社会の厳しさを実感する今日この頃、 無事に新年を迎えられただけでも、幸せなんだと自分に言い聞かせて、やっと一段落。

心配していた正月太りも、最終的には微増で収まっており、和食の素晴らしさを実感しています。 実家から送ってもらった、コタツみかんも大活躍をし、当たり前の様に健康を享受しています。

しかし、今年は、後厄。世が世ならなら、生死に関わる病気を患ってもおかしくない歳、 タバコを止めたからといって、メタボリックなんとかは改善されずというか、 益々、お腹周りに余分な肉が集まってきます。

どうして、そんな余分な肉があるのか不思議なくらい、 経済的にはスリム化が進んでいるのに、皮肉といおうか脂肉というべきか、正月早々、うまい事を言ってみました。

それでは皆様、今年も宜しくお願いします。

▼禁断症状日記 12月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ