過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年2月の禁断症状

▼禁断症状日記 1月へ  ▼前半の日記へ

28.Feb.  禁煙1635日目+1

半額でも喜びは2倍にならず。

週末の憂さ晴らしとして定着していたカラオケ、本日半額デーなのでと誘われる。 根っからカラオケは嫌いじゃないし、寒空の中でも馳せ参じる次第であります。

まずは適当に腹ごしらえをして、早速のカラオケ開始。喉の調子は申し分なく、松山千春の懐メロを披露。 最後は、やしきたかじんで締めるという見事な歌いっぷりだったのだが、意気揚々とは程遠い帰り道。

それでも、ワインの肴を漁りに近所のスーパーに寄ると、少しは今宵を楽しもうという気になってくるから不思議なものだ。 それを他人は飲兵衛と呼ぶのだろうが、そこにはエンジョイしようというポジティブな姿勢がみてとれる。

安い燃料で勢いをつけたところで、このまま止まるのはもったいないという貧乏性をフルに活かして、 帰宅するなり先ずワインを開けて、コンディションを整えるために、こうして野暮用を片付けている。

急な世界同時株安&円高なので、現実から逃避するには絶好のタイミング。 ワインが安く輸入できるチャンスだと、半笑いになったところで、そろそろ喉が鳴ってきたので終わりにしよう。

27.Feb.  禁煙1634日目+1

動物愛護団体がブルセラ症で募金集めか。

去年、広島ドッグパークで暗躍したアーク・エンジェルズ、 今度は大阪和泉市の元繁殖業者が廃業して放置したブルセラ症感染犬に目をつけ、 お得意の同情作戦が展開中らしい。 ●ブルセラ病の犬103匹 安楽死めぐり混乱<2/27 13:58>

またぞろ出てきたアーク・エンジェルズに、まず大きな声で「おまえが言うな」と言いたい。 ブルセラ症に感染した犬達を引き取りたいなら、安全な場所と設備を用意して誠意を見せてからでないと危なくて仕方ない。 広島の成功モデルである土地や設備を占拠して、病気の犬をダシに金を集めたいのだろうが、 そうはイカのキンタマだ。

全国の愛犬家と称する人達も感情的な部分だけで、その団体に肩入れするのではなく普段の活動を加味して欲しい。 そもそも大量に犬が殺される元凶である安易な繁殖業者やショップ販売に異議を唱えず、 メディアが注目しそうな犬を重点的に助ける愛護団体って、この先も存続意義があるのかを考える機会になればいいと思う。

毎日のように、今回安楽死されるであろう数を遥に超える犬猫たちが、全国で殺処分されている現状を無視して、 たまたまテレビに映った犬だけに感情移入するのは、あまりにも近視眼的な思考であり、 悪徳募金詐欺に騙されやすいと自覚する機会にもなるだろう。

私も犬が好きだし、犬を可愛がる事や責任を持って飼う事に反対する立場にないが、 犬に対する感情だけが先走って、他の住人に迷惑を及ぼす人たちを愛犬家と呼びたくない。 彼らは自分達の幸福を追求し過ぎるので、あえて命名するなら、愛犬カルト。

26.Feb.  禁煙1633日目+1

はやくもスキャンダルの文字が躍る東知事。

いったい何事かと思いきや、東国原知事宅に連チャンで独身女性が訪れたという羨ましい話。 ただ、独身の男女が密会しただけで、スキャンダルと呼ぶのは、看板に偽りありか。

それでも、お相手の一人は、日本テレビ入社一年目の記者というから、若干、スキャンダラスな様相もある。 文字通り体当たりの取材をしたかどうかは定かじゃないけど、今後の独占記事は出し辛いだろう。

まあ、週刊誌やワイドショーが面白おかしく騒ぎ立て、商売と割り切っているなら理解もするが、 そんな週刊誌をネタに、知事の私生活について議会で質問する議員は、 議会の権威をどう考えているのだろうか気になるところ。

それにしても、ガードが甘いのか取材が執拗なのか判断は分かれるが、 それがどうしたという事実に違いない。一風変わった知事の私生活を覗き見るより、 日本中にいる腹黒そうな田舎政治家の政治活動の方が、興味津々である。

あの寂しくなった頭皮にシンパシーを感じる今日この頃、ハゲでもモテルという勇気を頂いた次第であります。

22.Feb.  禁煙1629日目+1

あえてウィンドウズXPを新しくしてみた。

まだ、Windows Vistaの現物は拝んでないが、そろそろ新しい物好きが手を出す頃。 どちらかというと保守的な私は、あと2年はXPと苦楽を友にしようと思っている。

そこで、新しくしたというのは、画面のデザイン(クリックすると新デザイン画像)。 一般的な青を基調としたものから、シルバー基調に変更してみると、なんだか新鮮です。

もしも興味のある方は、デスクトップ上を右クリック>プロパティ>デザイン(説明画像=配色をシルバーに変更)。 これで、あなたのXPも2年は使える。まったく、マイクロソフトにとっては迷惑な話しなので、 ご利用は計画的に。

普段、まったくといっていいほど、自分が使っているPCのOSに興味がないので、 まだ見ぬ驚きの利用法や便利な機能が備わっているはず。そんな新機能を何かの弾みで発見した時、 今回のように発表したくなる。

ただ、多くの人が私と同じ様に、PCの機能を使いこなしていないという、まったく失礼な前提なのだと、 ようやく最後になって理解した次第です。orz

21.Feb.  禁煙1628日目+1

改めて、強力な引力を実感する。

朝から、胃の検査でバリウムを飲む事となる。噂には聞いていたけれど、本当に飲みやすい。 ずしりと重い比重には少しばかり引いたが、白くとろみのある液体は、まるで飲むヨーグルト。

前の晩から絶食を強いられていたので、胃袋全体が膨らむ感じも嬉しく思えるくらい好感度アップ。 ただ、ゲップをするなと言われたが、胃袋の筋肉をコントロールするのは簡単でなく、地味に空気を漏らした。

滞りなく検査は終了し、下剤を渡される。バリウムが腸に停滞すると、酷い便秘状態なるらしく、 大変に苦しいとの事、そこは素直に了解するが、 通常の生活では縁のない薬だけに、その効果の程が如何ほどか、説明を求めてみた。

通常は、5時間ほどで効き目が出るらしいので直ぐに薬を飲み、約2kmほどを歩いて帰ろうと健康に目覚める。 あと、もしもの場合、地下鉄に乗っていると身動きが取れないので、危機管理としての側面も考慮。

ものの10分ほどで、心配は的中。第一弾が、大腸にやってきた事を確認し、自宅まで15分と推し測る。 いざとなれば、途中にビルがあるし、行ける所までと強気に攻めるも、何かの法則だろうか、 帰宅寸前でギリギリの攻防となり、暫くぶりに下痢の恐ろしさを体感。ホント、胃に悪い。

19.Feb.  禁煙1626日目+1

どうして真剣にならないのか民主党。

今国会に提出しようとしている格差是正緊急措置法案の骨子が明らかになったが、 共産党と同様の最低賃金を1000円以上にするという特大の飴をちらつかせている。 ●最低賃金1000円以上に 民主、格差是正法案を来月提出

どうせ通らない法案なので、選挙用のリップサービスとして好きな事を盛り込めると言ってしまえばそれまでで、 民主党の支持基盤である労働組合に対して、同一労働同一賃金の理解を得られなければ、飴ではなく絵に描いた餅になる。

実際には、多くのパートタイマーを含む単純労働作業が中心の職場は、賃金の高騰で存続さえ危ぶまれるだろうし、 問題の渦中にある地方の地場産業を支える中小零細の製造業などは、今以上の格差を感じる事だろう。

耳障りのいい同一賃金同一労働の実現には、非正規雇用者の賃金アップと同時に、 既得権者である正規雇用者の賃金カットなくしては不可能な改革なのに、 そこに触れない時点で評価に値しないだろう。

例えば、トヨタ正規社員の一律30%カットをすれば、期間労働者の賃金も上げられるだろうし、 下請企業叩きが緩くなる可能性も無きにしも非ず。ただ、あまりにも前提が荒唐無稽なので、 説得力の欠片もないと反省してみる。orz

16.Feb.  禁煙1623日目+1

すっかり、なかった事になっているアパ物件。

なんだろうか、あれほど大騒ぎした耐震偽装問題が、役者が代わった途端に見事なスルー状態。 それでも続々と耐震強度不足の物件が明るみになっているし、終わった話題ではないはず。 ●アパホテル、大阪市内でも耐震強度不足

ヒューザーの小嶋社長は、連日のように追い掛け回していたのに、この違いようは何だろうかと訝しい。 悪人顔だったからだろうか、記者会見で泣かなかったのが心証を悪くしたのだろうか、 いずれにしてもマスコミ様の気分次第で、大疑獄にもなるし単なるミスで終わる事もありそうだ。

いや、どうせアパの物件が耐震偽装をしているだろうから、悪事を暴けといっているのではない。 未だに、すべての物件で耐震強度の調査が終わっていないのだから、 せめて調査報告がなされて安全性が確認されるか、強度不足が明らかにされれば、随時、 全国的に周知させるのが報道の責任ではないだろうか。

今回の物件は、ホテルが含まれているので、利用客は全国が対象だろうから、全国ネットで伝えるのが妥当。 最初の一報だけ伝えて、後は知らんぷりするマスコミ様は、 不測の事態を想定し不安を募らせる利用客のニーズに応えてないばかりか、アパに対する疑念も晴らしていない。 まったく信頼するに足らない存在である。

この耐震強度の問題の根幹は、さして能力を必要としないで、データを改ざんできる国交省認定ソフトであり、 その責任を誰も取っていない事だろう。しかし、大マスコミ様が、それを追求しないのも大問題。 あるあるの捏造なんて、可愛く思える今日この頃。

▼禁断症状日記 1月へ  ▼前半の日記へ  ▲TOPへ