過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年4月の禁断症状

▼禁断症状日記 3月へ  ▼後半の日記へ

12.Apr.  禁煙1677日目+1

日常を離れると新たな発見がある。

本日も簿記の講習だったので、夕飯をハンバーガーで小腹を満たそうと、 いつもは出入りしない本町界隈にある某ショップで食べてみたら、やっぱり味は一緒だった。

いや、そんな話しじゃなくて・・・、いつも持ち帰り専門だったが、 微妙にタバコ臭の漂う店内で食べる事となり、中途半端に込み合う中、自分がベストと思う席に辿り着いた。

しかし、禿オヤジを避けて女性客の横に座ったというのに、先ずは話し声の大きさにセンサーが反応。 熱くて飲みにくいホットコーヒーに悪戦苦闘している私の隣で、聞きたくもない話が飛び込んでくるというか、 速射砲のロケット弾ごとく飛来する。

まだ20代後半くらいで、二人とも既婚者らしく、旦那さんの趣味であるアニメに感化され、 熱っぽくガンダムを語っていたが、遂に最後まで容姿を拝むことなく、油まみれなった手を気にしながら、 熱いコーヒーは蓋を取って冷まして飲み、ペットボトルと環境についてページを読み進めていた。

予定では、もう少し居座るつもりだったが、わずか10分の滞在時間。 店中の人が聞こえるのではないかと思える音量で、ガンダム談義をされるとは想定外だった。 なぜかプチクイズ大会になるし、もう堪えきれない。

11.Apr.  禁煙1676日目+1

医学の進歩と法律と人間の欲求。

タレントの向井亜紀さんが、代理出産で得た子供を実子として出生届けを受理するよう求めた裁判で、 最高裁は、「母子関係は出産という客観的事実により成立する」との基本原則により、 受理を区に命じた東京高裁決定を破棄したらしい。 ●向井亜紀さんの双子男児、出生届受理を認めず…最高裁

そもそも大々的にマスコミで代理出産宣言をしなければ、こんな面倒な裁判をしなくて済んだだろうに、 当事者にどんな理由があったにせよ、わざわざ茨の道を選んだ責任を果たすのは、当然といえよう。

この件は、人間の欲望と共に進化する医学に、日本の法律が追いついていない事が露呈したし、 タレント向井亜紀だったからこそ大々的に取り上げられ、新たな議論を呼んだことは確かなので、 率直に肯定したい功績だろう。

一方で、向井さんと同様に子供を産めなくなったとして、誰もが高額な「産む機械」をレンタルできず、 溺れている人を棒で叩いている構図になっていないだろうか、っと後味の悪さも否めない騒動でもある。

まあ、双子を欧米ではソーセージと呼ぶのだと、つい最近まで勘違いしていた私が、 何を言っても説得力がないので、この辺で終わりにしよう。

10.Apr.  禁煙1675日目+1

続々と流出するwinny利用者の醜態。

自衛隊とか警察が、winnyというファイル共有ソフトの使い方を間違って、 機密が流出するというニュースは絶えないが、一般の会社員なのに、エロい内容が注目されて、 ネット上で騒がれているらしい。 ●大手部品メーカー社員ハメ撮り流出…AV顔負け動画も

愚かなwinnyユーザーである事に間違いないが、だからといって、 一応マスコミの端くれである産経系列のZAKZAKが、「2次被害が拡大している。」 と記事を結びながら、その片棒を担ぐのはいただけない。

親しい知人が変わった性癖だったとしても、一般社会に実害がなければ問題ないけど、 ただwinnyに対して無知だと始末が悪い。しかも、なまじ几帳面な性格だと尚更迷惑な話しになる。

それにしてもwinnyに限らず、よくも知らない.exeファイルをクリックできるものだと呆れてしまう。 形ばかりのウィルス対策ソフトを過信するのもよくないし、 実際問題、クリックしただけで人生を棒に振る奴がいる事を肝に銘じた方がいいだろう。

触らぬ.exeに祟りなし。それだけでも防げないので、定期的にWindows Live OneCare PC セーフティで、無料のフルスキャンしています。

9.Apr.  禁煙1674日目+1

ちょっと簿記に目覚めてきましたよ。

本日より、大阪商工会議所で催している簿記の講習に通っています。 18時半からの開始で週2回5月末までの受講ですが、一応、6月の日商簿記3級を目指している次第です。

微かな記憶を辿れば、約25年前に全商簿記検定2級を取得しているのですが、錆びた刀は使い物にならず、 実戦というか実践で役に立つようにと、一から学ばせて頂く事となり、若いOLさん達に混じっての第一回目。

講師によると去年の3級合格率は、約35%。入門としては、難しくなっているとの事で、 軽く考えていると足元をすくわれかねませんから、ここは腕の見せ所というか頭の見せ所なんだとポジティブ思考。

その講師に一つだけ注文を付けるとしたら、何ページというところを何ペーシと発音することろかな。 しかも、思いっきり故意に発音しているので、こちらも気になって仕方がない。林家ぺー氏かっ!

久しぶりの授業でしたが、勝手に練習問題をし始める癖は、まったく25年前と変わないです。 進歩がないとも言えるし、合格のセオリーなのかもしれないし、さてさてどうなるか、2ヵ月後が楽しみです。

6.Apr.  禁煙1671日目+1

大阪は、桜の見ごろも今週一杯。

夙川の桜01 どうも週末の天気があやふやなのと、満開の桜を堪能したい想いから、昨日はオフにしまして、 兵庫県は西宮市にある夙川を意気揚々と散策&花見弁当で楽しんで参りました。 もう見事な桜に、すっかり仕事を忘れてラブ&ピース。

大阪・梅田から阪神電車の香櫨園駅より、夙川沿いを北上するルートで、小一時間ほど歩いた後、 阪神百貨店で買った花見弁当と日本酒に舌鼓を打ち、平和な日本の春を満喫した次第であります。

平日の昼間という事もあり、ビジネスマンらしき人は見掛けないものの、 午後からはお子様連れや大学生のサークルなど多くの人で夙川公園は賑わっており、 もし週末だったらと思うと、ぞっとしました。

夙川の桜02 ぞっとしたと言えば、整然とした夙川の公園や駅前の美しさに、 比べるのも恥かしくなるほどの大阪市内に住んでいる者としては、その違いに愕然としました。 キレイな街は、満開の桜をより美しくしていたのかもしれません。

最後の桜を日曜日に予定しているので、帰りに期日前投票をしてからの帰宅になり、 野暮用を済ませてご飯を食べると、気持ちよく睡魔に襲われしまい、花見心地の夢見心地で幸せな日々を終えました。

4.Apr.  禁煙1669日目+1

あるある大検証は、制作費がなさ杉。

私も興味深く視聴させていただいたが、「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」 まったくの題名倒れというか、せっかくの検証を短くまとめすぎて、内容が薄かったかも。 ●「あるある」捏造、検証番組に批判電話345件

最終的な結論は、視聴者が喜ぶような番組を低予算で作ったら、捏造を産みやすいので、 以後気をつけますみたいな・・・、あんな番組で納豆が品薄になるんだから、的を射ているとは思うが、 これからの番組にも期待できない結び方なので、大丈夫かと心配になる。

しかし、検証番組の視聴率の低さ、こちら方も問題がありそう。 異例の放送といえるのに、すっかり捏造が日常であるかのような反応は、 捏造が発覚した事よりショックではないだろうか。

なんでも旨いというグルメ情報、静かなブームと前置きする宣伝情報、簡単に痩せるダイエット情報、 極めつけがオーラが見えるという自称霊能者。そろそろ視聴者も、バカにされていると気付くだろう。

いろいろ意見や批判はあるだろうが、捏造を認めた一点においては、関西テレビ経営陣を労いたい。 ここで関西テレビが、叩かれれば叩かれるほど、TBSへの風当たりもきつくなるだろう。

3.Apr.  禁煙1668日目+1

つくづくテレビCMは、口止め料な件。

宣伝広告でお馴染みの英会話教室NOVA、特殊な受講料返還を最高裁で違法と断罪される。 先に支払った受講料を解約請求されると、NOVA側に都合よく単価を変更した事 (特定商取引法の特定継続的役務提供の中途解約の件)が違法らしい。 ●NOVAの敗訴確定 解約精算規定は「違法」 最高裁

そもそも長期割引という価格設定があり、多額の現金を前払いさせる仕組みを作って解約時に渋ると、 エステなんかもアウトって事になるので、不条理な前金制度の卑しい商売が打撃を受けそう。

この前の船橋の事件で知ったけど、日本語もろくに出来ないような外国人でも教師になれて、 それを逆手にとって薄給で雇っているのがNOVAだとしたら、面白いCMを流しても授業を受ける気にはなれない。

あれだけ宣伝広告費を掛けて、お茶の間のご機嫌を窺っていたのに、企業イメージの低下は避けられないと思いきや、 日本の大マスコミ様は、見事にスルーする気が満々のようなので、一部有効だったのかもしれない。

それにしても日本の駅前は、NOVAにサラ金にパチンコ屋、そして、エステの勧誘娘と募金詐欺。 桜の花見とは対照的な風景に、花冷え以上に寒く感じてしまう。

2.Apr.  禁煙1667日目+1

既存メディアの2ちゃんねる叩き。

いつもの事ながら、十把一絡げで叩きたいだけ叩く。追い詰められて叩きたくなる気持ちも理解できるので、 気が済むまで叩けばいいとも思う。ただし、なんの解決にもならないし、マスコミの悪行も治らない。 ●4月2日付・読売社説(1)

毎日24時間、マスコミ批判が絶えない、2ちゃんねるという巨大な掲示板群。 滅多に誉められる事がない元凶は、既存メディアなのに、今回も格好の餌を与えただけで、 いつものように同じ土俵で語ろうとしない。

この手の上からモノを言う問い掛けは、おまえが言うな!と返されるだけなのに、 言論の自由においては、自分達が格上だと言わんばかりの態度に辟易とする。 真っ向からの勝負を避ける側が格上なんて、誰もが聞いて呆れるだろう。

他方、2ちゃんねるでは、現在進行形で「TBS朝ズバの不二家報道捏造問題」が熱くパッシングされているが、 既存大マスコミ様との温度差は、愕然とするほど激しい。あるある大捏造問題があり、 放送法改正が取り沙汰されているというのに、民放連の自浄能力のなさを露呈している。

かつて2ちゃんねるを便所の落書きと称した自称ジャーナリストがいたが、 彼らの名声とは裏腹に、うんこ前のおならのような言論が虚しく響く。

▼禁断症状日記 3月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ