過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年4月の禁断症状

▼禁断症状日記 3月へ  ▼前半の日記へ

26.Apr.  禁煙1691日目+1

楽天の攻勢で、TBS社長が恨み節を連発。

TBSが株を買い占められて気分が良くないのは理解できるが、半ば門前払いをされて、 放置プレイの金利で苦しむ楽天としても、このままでは株主に説明できない窮地でもあるので、 プレイ再開を楽しみたい。 ●『通告と一緒に弾が来た』 TBS社長強い不信感 交渉の舞台裏“暴露”

それはそれとして、記事の最後に「バッシング風の報道はおかしい TBS社長が“注文”」とある。 なんでも、TBSがやらせ街頭インタビューや不二家の捏造などの問題が相次ぎ、 同業他社に報道された事を根に持っての発言らしいが、「フェアプレーでいきましょう」とは何だ?

このTBS社長の発言は、報道の自由だとか言論・表現の自由を標榜するテレビ局として、 センスがないでは済まされない由々しき態度であり、不二家の例を出すまでもなく、 およそフェアプレー精神の欠片もない事を露呈した格好ではないだろうか。

今や大マスコミ様が、身内に甘く他者に厳しいのは論を待たないが、 東京キー局の庇い合いや馴れ合いでも醜態を晒す昨今、 他のマスコミに対しても馴れ合いに加わったらどうかと、風変わりなお誘いをしているように聞こえてならない。

ただ万に一つ、TBSと同様に、捏造ややらせインタビューという飛び道具を使って、 思いっきりズバッとパッシングしてくれと言っているかもしれないので、 早計に批判するのは止めておこう。

25.Apr.  禁煙1690日目+1

高校野球が特待生で揺れている。

甲子園を沸かす私立の強豪高が、優秀な野球部員を獲得するための特待生制度が、 日本学生野球憲章に違反するとして、高野連が全国で実態調査を行っているが、波紋は広がる一方のようだ。 ●私立校戸惑い「なぜ野球部だけ」特待生問題

プロ野球のドラフト制度に関係して、高額なスカウト料や契約金が問題になっている最中、 その影響を受けたのかどうか定かではないが、大きな意味で野球と金の問題がクローズアップした格好になる。

甲子園出場を学校の宣伝として考えていた私立高校は、ブランド価値アップに頭を悩ますだろうが、 深刻なのは、他県に野球留学をしていた都会の生徒達で、夢の甲子園と高額な留学生活との間で、 現実的でシビアな判断を迫られる。

もしも、高校野球の特待生を全面廃止する決定が下されれば、恵まれた体力を他のスポーツで活かそうと、 サッカーやゴルフ、はたまた相撲の世界に流れるだろうから、野球の地盤沈下をカバーして余りあるだろう。

それでも、最後の最後に、なぜ野球だけ?という疑問は残る。 その疑問に明確に答えられないので、賞味期限切れの野球憲章を振りかざすしか出来ないのだろうが、 野球ではなくポスト死守に情熱を燃やす役人根性は、見ていて全く清々しくない。

24.Apr.  禁煙1689日目+1

実に43年ぶりの全国学力テスト。

子供の学力低下が叫ばれる昨今、教育を受ける側にとっては、その水準を計る絶好の機会になるし、 教育をする側にとってもメリットが多いだろうし、それを管轄する文部科学省にとっても 質のいい結果が得られる。まあ、データを活かせればの話しですが。 ●43年ぶり、全国3万3000小中学校で学力テスト

小学6年生と中学3年生の約3,233万人が参加する全国テスト、あの大学入試センター試験の4倍の規模で、 予算は77億円。問題・解答用紙を入れるダンボールは、10万箱近くになり、印刷や配送にも莫大なコストが掛かりそうで、 また、思考力や表現力を試す記述式の問題が多く出題されるため、採点に膨大な人員を割くらしい。

それでも、日本の将来を担う子供のためなら、っと思う国民が多いだろうし、やる意義はある。 問題は、どう活かすかなのだが、役人が介在する増減によって、期待値が反比例しそうなのは、 学力低下より深刻かもしれない。

この学力テストをダシにして、新たな天下り法人が設立しないかと、真っ先に心配するのは私だけじゃないだろうし、 既に、税金の無駄遣いをしているのではと疑ってしまうのは、最近読んだ「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」 の影響かもしれない。

なにわともあれ、教育レベル:ワースト1を争う都道府県の戦いは、やらせや捏造するテレビより、 数段面白そうだし興味深い。米軍基地の騒音で、勉強を邪魔されている県の最下位と予想するが、 やっぱり大阪だろうか・・・orz

23.Apr.  禁煙1688日目+1

毎度の警察情報流出、エロには勝てず。

わざとらしく、音楽ソフトを入手するため winny をインストールとあるが、 自分のエロさ加減を隠すために、罪状が一つ増えただけのような気がするのは、キンタマ病だろうか。 ●道警巡査長のPC、560人分の個人情報などウィニー流出

もうここまで頻繁に情報が流出したら、捜査資料共有ソフトになりそうな勢いを感じるが、 いくらウィニーの使用を禁止しても、簡単に、.exeをクリックするような輩には、 馬や鹿並みに調教しないと無理っぽい。

対策としては、拳銃の扱いを教えるように、PCの扱いを一から教えてライセンス制にしないと、命取りになりかねない。 今回の流出には、暴力団関係者の個人情報が含まれているらしいので、まんざら大袈裟な話でもあるまい。

他には、どうせエロ目的で winny を使用するのだろうから、警察の管轄で、 その手の作品を無料でダウンロードできるようなサイトを作って、多様な性癖の警官たちに心置きなく楽しんで頂く方が、趣味も嗜めるし士気も上がりそう。

ついでに、防衛省の猛者たちにもサイトを利用できるよう便宜を図って、 お互いエロいパワーで、日本の安全を守って欲しい。仮称・セルフ慰安所、機密情報が流出するより遥にクールだ。

19.Apr.  禁煙1684日目+1

キチ○イに刃物とは、よく言ったもので。

アメリカで起こった惨劇の容疑者は、被害妄想に凝り固まった精神的異常者となり、 遂には自分の殻に閉じ篭ったまま死を選び、そして32名もの道連れを虐殺していったらしい。●「お前たちが追い込んだ」乱射容疑者が米TVにビデオ送付

もう起きてしまった事は取り返しはつかないが、もしも、これが日本の大学だったらと思うと、 感傷的になれないし恐怖すら感じる。まず最初に浮かんだのが、精神異常という人権バリアで守られて、 容疑者の名前や国籍を報道するだろうかという疑問。

それでなくも現在の日本で起こっている犯罪で、韓国人の場合は、 その国籍を隠したがるマスメディアが目に付く。 わざわざアジア系外国人とか、素っ気なく外国籍の男とかで誤魔化す報道は、 もはや日常茶飯事と言っていい頻度である。

そのようなメディア側の気配りは、その他の外国人と差別しているわけで、 声高に人権を重んじる団体や○ンポ的文化人の方々が、 高く評価しているテレビ局や番組で行われるから、奇妙奇天烈摩訶不思議な世界といえよう。

ただし、誤魔化し方や誤魔化すメディアが一定なために、すぐにピンと来るし、 ネットで同事件の内容を探せば、他のメディアが真実を伝えているので、 その効果の程は、やや限定的だろう。兎に角、奴らに関わると碌なことはない。※参考資料:韓国は“なぜ”反日か?

18.Apr.  禁煙1683日目+1

ズバッと謝罪をしないTBSとみのもんた。

10年以上前の従業員が伝え聞いた話であり、牛乳を混ぜたわけではありませんので、 正確性には欠けますが、製造工程の中で何かを混ぜていたのは事実であり、断じて捏造ではありませんとな。●TBSが「不二家」報道で謝罪放送…ねつ造は否定 
【動画】4/18 朝ズバの謝罪放送

その上、顔も名前も内容も出せない法律専門家が、証言者の女性と面談して、 やらせや捏造の疑いはないとの報告を受けたとし、責任の所在を外部に転嫁する破廉恥な開き直りで、 流石はTBSだと感心するかない。

要するにTBSの番組は、10年以上も前の伝聞を何の確証を示すことなく、捏造ではないと開き直っているだけで、 あの国会を騒がせた民主党・永田議員が披露した『偽・堀江メール』と類似する構図であり、 世に無能さを曝け出して胸を張っている。

しかし、後者の永田議員は議員を辞職して責任を取ったが、 TBS及び番組責任者は、のうのうと今日もクソ番組を垂れ流しているではないか。 こんな番組を提供している企業の見識を疑うし、宣伝広告というより口止め料の効果しかないだろう。

TBSがクソなのは今に始まった事ではないが、朝ズバが徹底的に不二家を叩くよりも前に、 たまたま突如ある米系証券が不二家の大株主になっていた事実と、 まだまだ株価が下がらないのは粉飾していると言い出す司会者。空売りで儲ける為の組織ぐるみですか?

17.Apr.  禁煙1682日目+1

カルト宗教と解放同盟には厳しい共産党。

機関紙・赤旗によるとテレビの霊界番組が、統一教会の信者獲得に利用され霊感商法に一役買っているらしい。 占いや霊能者による透視を真に受ける人たちがいる以上、やっぱりかという印象が先に来る。●“占い・霊界”で引き込む

公共の電波を使用して、守護霊が見えるだの訴えるだのと真顔で話す番組などは、 どっからどうみても放送連盟が定める基準を逸脱しているにもかかわらず、 深夜放送からゴールデンタイムに進出するという暴挙をし、他の民放は見てみないフリというか、 同じ様な番組で追随する有様。

日本民間放送連盟 放送基準 第8章 54条には、「霊感、霊能等を取り上げる場合は、 これを肯定的に取り扱わない」と明確に記しているのに、先ず、霊能力ありきで番組は構成され、 反証を許さない体質に呆れるというか、怖さすら感じる。

あるある大辞典の捏造で大騒ぎしたマスコミ様が、なぜ非科学的な霊の存在を見過ごすのか異様に思う。 これほど明らかな不作為の罪がまかり通り、批判も非難も起きない同業のテレビマスコミが、 偉そうに報道の自由や表現の自由を語るなと言いたい。

いつものように、自分達に都合の悪い報道をしない自由ばかりで辟易とする。 そんなテレビ局だから、宗教団体とグルになっていても不思議じゃないし、 過去にはオウム真理教にVTRを差し出した局もあったし、不信は募るばかり。※こうなってからでは遅い

16.Apr.  禁煙1681日目+1

いよいよ国民投票法案が制定されそうだ。

先週、衆議院を通過した憲法改正の手続きを定める国民投票法案、今週から参議院で審議される。 例によって、野党の面々は反対一色になり、野党第一党も政権を奪取する気概のなさを露呈している。●国民投票法案、参院で審議入り…5月中の成立目指す

まだ民主党や国民新党は真面目な方で、社民党や共産党とその支援者らは、憲法を改正する手続きを定めるだけで、 やれ戦争だ侵略だと物騒に煽り立て、イデオロギーというよりアレルギー反応に近く、 病的な論理展開を披露している。

与党案で論点となりそうなのは、過半数の分母くらいだろうが、私は分母が有効投票数である与党案に賛成だ。 諸外国では最低投票率を定めるところもあるが、棄権する有権者の権利を考慮するあまり、 投票した有権者の意志が反故にされるのは、私には受け入れがたい。

また、この問題で例に出されるのが、「もし投票率が50%未満だったら」という仮説。 ただし、なぜか有権者の25%が賛成すれば、憲法改正が出来る話になっていて、 25%の反対で憲法改正が出来ないとは解説しない。

護憲派は、来る憲法改正の国民投票まで真摯に活動するのが本筋であり、 投票率が劇的に低い場合は、反対票が上回る事だってあるのだし、真地面に審議しろと言いたい。 今から白旗を揚げて、どうする気だ?

▼禁断症状日記 3月へ  ▼前半の日記へ  ▲TOPへ