過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年5月の禁断症状

▼禁断症状日記 4月へ  ▼後半の日記へ

15.May.  禁煙1710日目+1

元モーニング娘の妊娠、だから何。

19歳という若さで、できちゃった婚。自動的に芸能活動を中止・引退となるのだろうが、 新しい生命が宿ったわけだし、ハイハイ、おめでとう!お疲れさん!お大事に!っと割と普通に流したい。

彼女は10代前半から、性を売り物にして大人の商売に利用され続け、多感な時期を芸能界という仕事場で過ごした。 その間、多少の親孝行は出来ただろうし、女としての幸せも掴んだのだから、それなりに得るものもあり、 外野の批判はどこ吹く風だろう。

芸能界で活躍する女性の場合、妊娠・出産を計画的にしないと、仕事に穴を開けるばかりでなく、 人気にも影響するので、所属事務所としては出来れば管理して、計画的な休業復帰路線を提案したいところだろうが、 経済的に自立した女性の自由を奪うのは、そう簡単ではなさそう。

一般企業で活躍する女性に、妊娠・出産時期を命令なんかしたら、即セクハラで訴えられそうな勢いの中、 「プロなら」という前提条件を付けて、人間的な営みを否定する方々もいるようだが、 一般人の私から言わせれば、できちゃった婚より簡単に離婚する芸能人こそ非難に値する。

そういう事で多くの人が予想する、来る離婚発表の時までは、温かく見守ってあげようではないか。 それが大人のマナー。

14.May.  禁煙1709日目+1

宝くじを煽る風潮に嫌気がさす。

今日から、ドリームジャンボが発売されたらしく、ケバケバしい宣伝ポスターやCMが席巻している。 実際に3億円という金額は夢があるが、ギャンブルの要素ばかりが前面に出ていて、このところ下品に感じる。

私を含めて多くの人が1等を含む高額当選した事がないし、一生買い続けても当たらない可能性の方が高いだろう。 だとしたら、宝くじ収益金の使途となる公共事業を支え続け、別口の税金を納めている格好になる。

あの手この手で宝くじを煽るのは、なるほど公共事業費を捻出する装置として活用しているに過ぎず、 高額なギャラをタレントに払い莫大な広告費を湯水の如く垂れ流しても、売上げさえ伸ばせば目的を達成できる。 管轄する総務省は、巨大な天下り利権装置として機能しているし、さぞかし笑いが止まらない事だろう。

一方、文部科学省が管轄するサッカーくじtoto、こちらはギャンブルだからと未成年者に対する販売を禁止して、 見事な戦略ミスで売上げはジリ貧状態。建前であったスポーツ振興の存続さえ危ぶまれ、 天下り役員の報酬を払うだけの冴えない運営を細々と続けそうで鬱。

どちらのくじも第二の税金と割り切って、私はtotoを細々と買っている。一応、建前である スポーツ振興を応援するつもりなのだが、先に天下り役員がピンハネするので、まったく清々しくない。

10.May.  禁煙1705日目+1

また大阪か・・・らしいニュース。

大阪・道頓堀のたこ焼き店「大たこ」は、観光客に人気のスポットで、いつも休日には行列が絶えないが、 なんと、お店は大阪市の土地を不法占拠しているらしく、店側は大阪市を相手取り逆に提訴したらしい。 ●大阪・道頓堀の人気店「大たこ」、市と土地バトル

ハッキリ言って、戦後のドサクサを彷彿とさせる居直りが、日本人離れしていて薄気味悪い。 いわゆるやったモン勝ちで、1976年から無理が通って道理が引っ込んでいたらしく、流石は大阪名物だ。 私は20年位前に、一度だけ食べた事がある。

話しがややこしくなっている原因は、まず道頓堀という一等地であることと、異常に儲かっていることだろう。 隣に並んで営業していたたこ焼きやは、数年前に廃業したというのに、この店は大繁盛を長年続けている。 大阪を代表していると自負するなら、フェスゲの空き店舗で再開してみろ!っと言いたい。

店の看板に大きく日本一っとあるが、ビックリするほどタコは大きくないし、味なんて大阪の平均レベル。 それでもグルメ雑誌や観光ガイドには、安易に取り上げられるので、休日の行列は当たり前。 ただ、焼く(丸める)スピードだけは、月並み以上だろう。

もし大阪に観光に来てくれる人が周りにいたなら、地元の声として伝えて欲しい。 一見さんが、大阪で不味いたこ焼きを探す方が難しいし、もしも見つけたらラッキーかもしれないと・・・豆知識として、NGK界隈はレベル高い!

9.May.  禁煙1704日目+1

今から間に合う、ダイエットじゃないけれど。

祖父江友孝・国立がんセンターがん情報・統計部長がまとめた報告書によると、 50代でタバコを止めると肺がんの死亡率が、43-64%減少するらしい。60代でも、19-57%減。 ●禁煙、50代からでも効果 肺がん死亡率43〜64%減

調査内容を見て驚いた。国内で83年から03年に実施された三つの10万人規模の疫学調査のデータから、 18〜22歳の時に喫煙を始めた喫煙者・禁煙者と、非喫煙者の男性計11万2人(調査時40〜79歳)分を分析。 平均追跡期間は8.5年。

一応、大マスコミ様が実施する安モンの実験とはスケールが違うし、捏造もないと信じたい。 そこまではいいとして、どうせなら肺がんの死亡率だけじゃなくて、肺がんの発症率も知りたいと思い、 厚生労働省のサイトで一次情報を探したけれど、15分で断念。

必ずといっていいほど設置されているサイト内検索、しかし、そう簡単に辿り着けないのが役所サイトの醍醐味。 いつもながら検索スキルを磨いてくれるので、大変な役に立っているし、 自惚れを自戒させてくれる存在なので感謝している。

拾い物と言っては語弊があるが、今月末に恒例の世界禁煙デーの告知を発見。 掛け声だけかと思いきや、ここでも税金が使われているようなので、流石!役人と誉めておこう。

8.May.  禁煙1703日目+1

パクリといえば、朴さん李さんの韓国だったが。

最近では、その本家本元に量の上では追い抜いたであろう中国が、 国営の遊園地でディズニーや日本のアニメキャラクターなど、著作権侵害を堂々と披露しているニュースが飛び込んだ。 ●中国の遊園地にキティちゃん?

このニュース、フランスのAFP通信社が世界に向けて配信したので、 著作権には滅法敏感なディズニーの本場アメリカにも伝わっており、 世界の笑い者になったと同時に、手厳しいお叱りを覚悟しないといけないだろう。

しかし、そんな事で悪びれる中国なら、もっと日本企業に人気があったかもしれないが、 司法のお墨付きで「HONGDA」なるオートバイが、街中を闊歩している現状を鑑みると、 ひと悶着ありそうで興味深い。

去年の話で恐縮なのだが、大阪で中国人の無法者ぶりがワイドショーによって明らかになり、 大阪で住んでいる私はもちろん事、そこら中に生息する中国人を身近に感じている人なら、 憤りと共に恐怖を覚えたに違いない。●【動画】大阪鶴見区 中国人違法露天商が大暴れ 地域住民の苦悩 2-1

あの悪評で名高い大阪で、大阪人を凌駕する無法者っぷりを目の当たりすれば、 著作権を無視した不細工なドラえもんで、笑っている場合じゃない。

7.May.  禁煙1702日目+1

連休明けから、ポカポカ陽気。

いい歳をして天気が良い事を怒っても仕方ないが、恐ろしいほどの睡魔に襲われれば、 天気に八つ当たりしてみたくなる。かといって冷房を入れれば、風邪を引きそうだし悩ましい。

その上、月曜日は簿記の講習がある日。授業が2時間を越えてくると、あちらこちらでアクビの気配がして、 引きずられるように深呼吸の静かな大合唱に参加していたが、自律神経は、なんとかコントロールできたので、 一安心。

約10日ぶりとなる簿記だったが、思ったほど忘れていなかったので、小さな自信にはなった。 3級の検定まで1ヶ月とちょっと、アタマ試しの申込を済ませたし、禿るほど頑張らないといけません。

それでも、合格自信があるから検定試験を受けるのですが、その中でも一番の不安は、朝寝坊。 そして、それを恐れるが余り睡眠不足となり、脳みそが機能不全を起こしてしまうと思うと、 もう心理戦は始まっている。

そういえば、高校受験のときも風邪を引いて、鼻水と格闘しながらの試験だったのを思い出す。 そうだ、思い出さなくてもいいものも記憶しているアタマを信じてみよう。

2.May.  禁煙1697日目+1

開店休業なので、いざ散髪へ。

その美容室も開店休業状態だったので、いつにも増してVIP待遇。 快く短く切ってくれるわ、頭皮マッサージなんて突指するほど捏ね繰り回してくれました。

歩いて20分弱にある美容室、その通り道には、今や大阪の観光名所になった道頓堀を横切る。 案の定、たこ焼きで行列が出来ている。外国人の観光客にとっては、ゴールデンウィークは迷惑な存在だろう。

もっと美味しいたこ焼きがあるのに・・・っと、余計なお節介を焼きたくなるが、 ぐっとこらえて好きなように並んでもらおう。滅多に食べない人にとっては、並ぶのも味のうちかもしれない。

今となっては、私にとって大して魅力がない道頓堀が、私が最初に連れて来てもらった時のように、 他の人にもエキゾチックでダイナミックに映っているかと思うと、くいだおれ人形の前を通るのは、 つい遠慮してあげたくなる。

様々な面で評判の良くない大阪に、わざわざ足を運んで買い物をしてくれる客人が、 私にも幸せを分けてくれたようで、スッキリした頭と清々しい気持ち、今夜のビールも旨そうだ。

1.May.  禁煙1696日目+1

そういえば、メーデーなんですね。

一度もメーデーの集会に参加した事のない3流労働者ですから、 立派な労働組合の主張には、耳を傾ける気もおきませんが、「自由と生存のメーデー07」なら応援したくなる。 ●不安定生活限界だ フリーターら「生存メーデー」叫ぶ

『格差問題』という言葉を広めた勢力は、自分達の立場を侵すことなく、 下流社会をなんとかしろと喧伝しいるが、日本列島から原油が噴き出さない限り、 単なるスローガンやポーズの域を出ない。

そんな当たり前の前提を無視して、あーだこーだと政府を批判する政治家は、無能を曝け出すだけで、 大衆の支持を得られないばかりか、逆に減らしかねないと危惧した方がいいだろう。

さて、冒頭のメーデーの話に戻ると、「時給1500円以上よこせ」と声を大にして言ってみたところで、 政治家も役人も企業も動かない。 しかし、正社員と同じ仕事を出来る人なら、足して2で割った報酬を要求する権利があるだろう。

その権利を奪ったり邪魔する勢力が、既存の労働組合だったとしたら、 格差問題が聞いて呆れる。

▼禁断症状日記 4月へ  ▼後半の日記へ  ▲TOPへ