過去の禁煙 禁断症状日記

Guidance

禁煙初挑戦で見事、ニコレットの力を借りながら禁煙を成功させた作者の日々を綴る禁断症状日記をお見逃しなく。 禁煙中の方や禁煙に挑戦しようとする方が集う掲示板も禁煙を宣言する板もあり、辛い時にはお互いの情報交換もできる。 禁煙グッズ・禁煙関連サイトの紹介等。

2007年9月後半の禁断症状

▼禁断症状日記 8月へ  ▼9月前半の日記へ

27.Sep.  禁煙1845日目+1

好感度調査の好感度は、いかほどだろうか。

ビデオリサーチが調査する年2回のテレビタレント好感度、視聴率と同じタレントの成績表みたいなものだが、 正直、こんな怪しげなランキングでタレントの価値を評価されても、一般ピープルには一銭の得にもならない。 ●石塚にドリカムが1位…テレビタレントイメージ

そのテレビ番組は、秋の番組改正の真っ只中、民放各局はスペシャル番組が目白押し・・・、 っというより、押し売りに近い。 とにかく、無駄に番組タイトルが長く、無駄にタレントが大勢出演するが、内容は薄い。

はっきり言って、録画してでも観たい番組はなく、リアルタイムでもアホらしくて観る気がしない。 お笑い芸人の馬鹿騒ぎを観るくらいなら、秋風を感じながら一杯やる方が気分がいい。

40を過ぎ、やっとテレビ離れが出来た感は否めないが、スポーツ以外ならNHKで用は足りそうな域まで近づいた。 そもそも芸が優れているタレントより、事務所や政治力を優先する風潮は、視聴者に喜んでもらう姿勢の欠片もないし、 気分を悪くする機会の方が圧倒的に多い。

とりあえず、島田紳助・和田アキ子・久本雅美・柴田理恵・トミーズ雅・赤井秀和が出演する番組は、 問答無用で観ない。その他にも観たくないタレントは増える一方だが、観たいタレントは少ないのだから、 自然消滅する日も近いのかもしれない。

25.Sep.  禁煙1843日目+1

予想が的中しまくりの福田内閣の組閣。

見事な高確率で的中するといえば、アメリカの超能力者の遠隔透視。なんと80%の高確率で、 捜索者の居場所を的中するという。テレビでも大々的に放送されるようだが、俄かには信じがたい。 ●麒麟・田村 行方不明の父親発見!…米超能力者が遠隔透視

今回は、お笑い芸人の父親を発見したらしいが、記事よれば、自宅にはちゃんと表札があるらしく、 本名で生活していた事を裏付けており、本当に探す気になって興信所に依頼すれば、恐らく解決したのではないかと思われ、 わざわざ感動する気になれない。

久しく逢っていない親子が対面するテレビ番組なら、これまでにも色々あったし珍しくはないが、 そこに超能力者を介在させる事によって、エンターテイメント性を演出すれば、面白いだろうという発想、 卑しいと切って捨てるには罪深い。

こんなミエミエの演出だろうが、すっかり信用する人はいるわけで、今時のオーラが見える霊能者同様、 テレビで放送するには刺激が強すぎるし悪影響になりかねない。 そこまでして視聴率が欲しいテレビ局は、公共性を語る資格が問われるだろう。

百歩譲って評判どおりの超能力者なら、もっと有益な捜索をお願いしたいものだが、 さて、その透視料金は、ハウ・マッチ。まず財布の中身を透視されそうで怖い。

20.Sep.  禁煙1838日目+1

マスコミ様が劇場型を避ける珍現象。

とかく世論を煽る癖のあるマスコミ様が、こと自民党総裁選においては、珍しく冷静だと思いきや、 本命だといわれる福田候補に遠慮しているようにも映るから、麻生陣営としては面白くないだろう。

そんな総裁選両候補が外国特派員協会に招待され、それぞれのビジョンと記者の質問に答えたのだが、 TVニュースでは端折っているし新聞報道もバイアスが掛かっていて、その全容を知るには苦労する。 そんな時こそ、第2日本テレビのノーカット工房。●外国人記者を前に、もう“避けられない”福田氏。対する麻生氏は余裕のジョーク?

全部で58分少々の動画で、それを見た感想は、福田氏の曖昧で官僚的な答弁の味気なさと、 麻生氏の活力ある自信に満ちた姿勢が対照的に映り、 とてもじゃないけど福田氏が総理大臣になって欲しいとは思わない。 報道の編集次第では、世論が動く可能性が大。

その同じ外国特派員協会の会見を日本の新聞記者も見たはずだが、 関連の記事を読み比べると総裁選における立ち居地の違いはこちらも明らかで、 あの論調にあの世論調査の結果が結びつくからお里が知れる。

このまま自民党の総裁選挙で福田氏有利の情勢は変わらないかもしれないが、 自民党には演説上手の麻生氏がいて、つい一票を入れてしまいそうな熱弁は、 ひょっとしたら世論を動かすのかと警戒されても仕方がない。 ●自民党総裁選 立会演説会 麻生候補

19.Sep.  禁煙1837日目+1

熱戦が続く自民党総裁選、また潮目が変わるのか。

最初に予定されていた総裁選の投票日は、本日19日だったので、福田総理の誕生が実現していたと思うが、 福田氏擁立に時間が欲しい連中の画策で、投開票日は23日に変更され、皮肉な事に総理の行方は予断を許さない。 ●安倍晋三の退陣と「麻生クーデター」説の怪

これまで、メディアの前で安倍退陣の真相を物知り顔で発言していた事情通は、前言をスルリとひるがえし、 もう一つの新しい陰謀論に乗っかってきたようで、事情通とは名ばかりの無責任な野次馬の一人に成り下がっている。

彼らのような自称・事情通が、テレビで「麻生クーデター説」を物知り顔で語り、 片棒を担ぐ大手メディアが、怪しげな世論調査を披露して、福田氏の優勢を伝えれば、 派閥談合という批判は、どこかへ飛んでいくのだから、残暑は厳しいが薄ら寒い。

前にも少し触れたが、安倍さんは生きているんだし話も出来るのだから、 真相究明ごっこをするのはいいが、自身に否定されるリスクに常に晒されている事を忘れてはならない。 突飛な陰謀説まで否定はしないだろうが、自分の発言には責任があるし、すべて由とはしないだろう。

今回の首相辞任劇とその後の事情通らが繰り広げた三文芝居、面白いと言っては語弊があるかもしれないが、 いい意味で役者が揃っているし、今後の総裁選も楽しませてくれそうで、流石は国会運営費を無駄にしただけの事がある。orz

18.Sep.  禁煙1836日目+1

自民党の総裁選で、両候補が熱戦中。

果たして、Yシャツの下は素肌か下着か・・・、どうでもいいようで、どっちなんだろうかと興味ある話題。 今のところ下着派が圧倒しているようだが、意外に根強い素肌派が頑張っている。●素肌にYシャツ NGかどうかで熱い議論

私は、肌着に汗を吸ってもらいたいので、YシャツにはグンゼのVネック。 それでも脇の下など発汗の多い場所は、シャツにも汗が滲んでしまうし、上着にまでダメージがありそう。 そんな理由なので、タンクトップ型もお世話にならない。

私のように機能性を求めれば、人それぞれ発汗量も違うし地方によっても対応は違っって当然なのだが、 ファッション性という観点から一律で切り込まれると、もう返す言葉がなくなりますので、いかんともしがたい。

そんなファッション性という観点に便乗して、若い女性たちの露出度が高くなる一方なのだから、 都合のいい観点である事は間違いないし、思いっきり男目線なのも照れる。 しかし、決して否定はしないので、行くところまで行って欲しい。。

話をYシャツに戻すと、女の子が男性用のYシャツを着る時は、ファッション性だけでなく機能性も含めて、 ノーブラであって欲しい。orz

▼禁断症状日記 8月へ  ▼9月前半の日記へ  ▲TOPへ